【結婚式手抜き準備】結婚指輪をクリスチャンバウアーに決めた理由

我が家は結婚指輪をクリスチャンバウアーに決めました。

画像参照:http://www.umex.jp/about/fit/
画像参照:http://www.umex.jp/about/fit/

決めた理由として、
・鍛造(たんぞう)という製造方法
・ゆがみにくい
・着け心地がいい
・旦那氏が気に入った
になります。

クリスチャンバウアーは、実は知らないブランドでした。
CHRISTIAN BAUER
http://www.umex.jp/
「結婚指輪を探さなきゃ」ということで検索しました。
そこでウエディングの総合サイトで指輪診断をやってみます。
好みのタイプと、写真を見て気に入った指輪を数点選んでいきます。
選ばれたのブランドの一つにクリスチャンバウアーがありました。

調べてみると、鍛造という製法の指輪です。
多くの指輪は金属を型に流し込む製法ですが、クリスチャンバウアーは金属を叩いて叩いて圧縮していく製法です。
そうすることでゆがみにくく、なめらかな着け心地になります。

身につけるものだから、着け心地は重視したいです。
そしてなによりも、検索したかぎりでは、男性側がとても気に入るそうなのです。
じゃあ、候補はこれで!と写真を旦那氏に見せ、旦那氏も製造方法に興味を示したのでお店を訪問しました。

お互いの都合が良い日にふらりと銀座の店舗に行きました。
予約もせずに土曜日の午前中に行ったのですが、休日の午後は混むそうなので予約はした方がいいのかもしれません。
ドイツのメーカーなので、華美なところもなく雰囲気もいいです。
接客も全然しつこくなく、でもいろいろ試着させていただきました。
「他も見てみます」と言ってお店を出たのですが、2人の心は決まっていました。

シンプルで丈夫そうだけど、なめらかな着け心地。

結局、他のお店は訪問しませんでした。
一目惚れの即決です。
旦那氏の指は太いのでWidth4.0mmのものを、

参考画像:http://www.umex.jp/collection/single/241308/
参考画像:http://www.umex.jp/collection/single/241308/

私はそれではゴツ過ぎるので同じデザインでWidth3.5mmのものを。

参考画像:http://www.umex.jp/collection/japan_limited/241474/
参考画像:http://www.umex.jp/collection/japan_limited/241474/

材質は値段がばれてしまうので伏せますが、お互い違うものにしました。
結婚指輪の平均の予算は2本で20~25万円だそうです。
クリスチャンバウアーは全体的にお高めです。
でも、婚約指輪は割愛したので奮発です!
お互いにここまで気に入るのもそうないと思いますし。

指輪の内側にも文字を入れました。
他のブランドだと何文字いくら、となっているそうですがクリスチャンバウアーでは日付とサンプルの文章までは無料です。
お互いの幸せを願うニュアンスの英文を入れました。
それと、クリスチャンバウアーが日本で10周年だったそうで、記念のダイヤを内側に無料で入れていただけました。
購入して1年以上経ちますが、2人ともゆがみは出ていません。