【メモ】脂肪ゼロのヨーグルトって健康面で大丈夫なんでしょうか?

最初に脂肪0ヨーグルトを見たときに
「身体に悪そう」
という印象を持ちました。

油脂はトランス脂肪酸などの「人間が加工するとよろしくないものが発生する」といったイメージがあったので、手を加えられた脂肪0ヨーグルトも身体によろしくないのかと思ってしまったのです。

少しこれについて検索してみたら、みなさんも脂肪0に「何を使っているの? どうやってるの? 大丈夫なの? 」と思われているようでした。
以前、特保を取得していた食用油が認可返上をした騒動がうっすらと記憶に残っていたのかもしれません。

さらに自分の家で牛乳を使ってカスピ海ヨーグルトを作っていたときに、ヨーグルトは材料の脂肪分が少ないと固まりにくいと聞きました。
高脂肪のジャージー牛乳で作るとコクがあってもったりしたものができあがるそうです。

そうだとすると脂肪0のヨーグルトは固まりにくいし、コクがなくておいしくないのではないですか?
脂肪0ヨーグルトは何を材料に使って固めてるのですか?
健康に悪くないでしょうね、ということで原材料を検索してみました。

【明治ブルガリアヨーグルトLB81 プレーン】
原材料:生乳、乳製品

【明治ブルガリアヨーグルトLB81
そのままおいしい脂肪0 プレーン】
原材料:乳製品、乳たんぱく質

「乳製品」とはおそらく生乳から脂肪分を除いた無脂肪牛乳で、
「乳たんぱく質」とはカゼイン等を加えているのだと思います。
ヨーグルトは乳酸菌が作り出した酸でたんぱく質を固めたものなので、たんぱく質を多くすることで固まりを強化しているのでしょうか?
なんとなく、固まりにくい疑惑が払拭されました。
……てっきり固める添加物でも入っているのかと思いました。
完成したヨーグルトから何かを添加して脱脂しているのでもなさそうです。

おそらく原料になっている無脂肪牛乳も、バターを作る工程で発生する脱脂乳のような作られ方だと思われます(ソース無し)
そうすると「あら、大丈夫そう」と安心する心理も不思議です。
どこで油脂の加工を警戒するイメージができたのでしょうか?

さて、脂肪0ヨーグルトのお味ですが「コク」などで通常タイプに軍配が上がるようです。
豆乳のヨーグルトを食べてみましたが
「君がヨーグルトだと名乗るならヨーグルトでいいよ」
といった、ヨーグルトと言われればヨーグルトの味、でした。
やはりまだまだ脂肪の魅力にたぶらかされることになりそうです。

私の「座右の銘」候補である
【ニクヅキにウマイと書いて脂】
の通りに、カロリーも味のうちだとさらに確信いたしました。

参考:
新・実学ジャーナル「乳酸とヨーグルト
東京農業大学短期大学部醸造学科教授 中西載慶
http://www.nodai.ac.jp/hojin/journal/images/j_1103/p6.pdf
岐阜県立恵那高等学校サイエンスリサーチⅢ
平成25年「乳酸菌の研究
http://school.gifu-net.ed.jp/ena-hs/ssh/H25ssh/sc3/31307.pdf
農林水産省「すぐにわかるトランス脂肪酸
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_wakaru/
明治ブルガリアヨーグルト倶楽部
http://www.meijibulgariayogurt.com/product/450g-LB81-plain.html

【メモ】収入を保障する保険が増えてきました。

ここ最近は就業不能な時の収入を保障する保険のCMが多いなぁと思いました。

日本は健康保険を使った医療費の自己負担上限金額が設定されているなどの、公的な保障が充実しています。
これらの知識がネットで広がったためか、ケガや病気に備える民間の医療保険は見直しされる保険の筆頭にあるそうです。
だから医療保険に替わってケガや病気の時の収入を保障する保険が保険会社から猛プッシュされているのでしょうか?

そして保険会社のHPで生活費を保障する保険の給付条件をいくつか見てみたら、
「就労困難状況が60日間継続」→最初の2ヶ月は給付なしなのですね?!
「障害年金1・2級に認定」→著しい障害、とされているので日常生活がかなり困難なレベルまで給付なしなのですね?
(日本年金機構 障害基礎年金の受給要件http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/shougainenkin/jukyu-yoken/20150514.html)
とツッコミどころ満載でした。

確かに会社員が加入している健康保険組合には傷病手当金という働けない時の収入が補填されたり、全ての人に障害年金はあったりします。
そこで、あれ?と調べていた手が止まります。
でも、傷病手当金は以前のお給料より少ない金額になるので長引くとジリジリと不安になります。
就業不能保険は加入しておけば安心といえば安心ですが、必要かというと微妙な保険ですね。
この辺の設定は、やはり生命保険会社は上手だなぁと思います。

こうなってくると、そこまで長引くケガや病気になるのか確率の問題になってきますよね。
そこそこの金額の保険料を掛け捨てるのに見合うかどうかカケです。

でも、最終的には生命保険会社に利益が出るように保険料は計算はされているので(それを計算するアクチュアリーという難しい資格もあります)保険は損か得かという話はもにゃもにゃします。

とりあえず、加入しないという人も月々の保険料くらいは貯金しておくのが大前提という結論です。

【落語】第八回 木木亭落語会に行ってきました。

前回は行けなかったので、4ヶ月ぶりの落語会です。
前座の桂竹わさんの第一声を聞いて「そうそう、いいお声!」となりました。
相変わらずのイケメン落語家です。

私はマクラを聞いて「おっ、今日は◯◯だねぇ」と言うのが憧れですが、出だしを聞いて「あ、知ってる噺かも」と思いました。
でも、題が思い出せなかったので「おっ、今日は◯◯だねぇ」はできませんでした。
(しかもマクラでは気づかなかったのでダメなんですがね)

演目は「紙入れ」でした。
不倫の噺で、間抜けオチです。
若者と、艶っぽい肝の据わった女将さんと、人のいい旦那さんが出てきます。
竹わさんの落語で女性が重要人物として登場するのは初めての気がしました。
(全部を聞いていないのですが)
各キャラクターを演じ分けているのがおもしろかったです。
ずっと座りながら、衣装も替えずに、でもちゃんとセリフで伝わるのです。
あらやだ、私も落語を聞く力がついてきてる!

ご本人も、お茶の時間に「俳優や声優は役になりきるけれども、落語は自分の中のものを引き出して同化しない(意訳)」のようなことをおっしゃっていました。
そして「紙入れ」あまり前座ではやらないそうです。
難しいので、人生経験を積んでから演じるのだとか。
やっぱり女将さんが難しいのでしょうか?

「紙入れ」を知っていたのは、3月28日にNHK総合で放送していた「超入門!落語 THE MOVIE」を観たからだと思い出しました。
古今亭菊之丞さんの噺に合わせてハライチ澤部さんと友近さんが演技をする、映像付きの落語でした。
その時は「元犬」(ハライチ澤部さん)と「紙入れ」(友近さん)が演目でした。
「元犬」はタイムリーにもその月の落語会で竹わさんで予習済みでした。
「紙入れ」は芸達者な友近さんの女将さんがリアルで、新しい落語のようでした。
第二弾はもうやってしまったのかと検索してみたらとてもいいタイミングで
2016年7月16日に「超入門!落語 THE MOVIE」
http://www4.nhk.or.jp/P3951/
がNHK総合で放送されるそうです。
「お菊の皿」と「庖丁」が演目だそうなので、またお噺のストックができます。
濱田岳さんと塚地武雅さんが出演されるのも楽しみです。

お茶の時間のお茶請けはパンナコッタでした。
20160713パンナコッタ
いつもおいしいデザートです。
「これは何?」と聞かれて「ババロアだよ」と答えた自分が恥ずかしいです。
ちなみにババロアはカスタードクリームで、パンナコッタは生クリームです。
木木亭落語会では洋菓子の知識もついていきます……。