【本】買い物とわたし/山内マリコ著

買い物とわたし
お伊勢丹より愛をこめて
山内マリコ/著
文春文庫


週刊文春で連載されていた買い物エッセイです。
以前ユーミンの旦那さんである松任谷正隆氏の『僕の散財日記』(文春文庫)がたのしく読めたので手に取ってみました。

なぜ人の買い物なのにおもしろいのでしょうか?
読みながらもこれをずっと考えてしまいました。
本書も生活に必要なものでありながらも生活感あふるるものではなく、少し良いものを紹介されています。
ブランドものでも軽自動車が買えそうなカバンではなく、手が届きそうな値段のものや財布などが登場します。
質のいいタオルや家電、リトルブラックドレスなどに夢はつのるばかりです。
挿絵の下に加えられている後日談もさらに空想を広げます。

自分は人の買い物で夢を見ているのでしょうか?
これはよくあることなのか、珍しいタイプなのでしょうか?
他にも買い物エッセイは誰が書いてるのかと検索してみると

岸本葉子さんの『買い物の九割は失敗です』(扶桑社)
「買い物エッセイ第4弾」となっていることからシリーズもので4冊目であることがわかります。
シリーズ化されるほど買い物エッセイのジャンルは人気があるようです。

やはり女性向けが多いのかなと思ったら
村上龍さんの『案外、買い物好き』(幻冬舎文庫)
がありました。
松任谷正隆さんの買い物エッセイでもそうだったのですが、かなりの量を買われているようです。
世界各都市で買われたものに、男性は夢を重ねるのでしょうか?

ササッと調べただけでも有名どころが買い物エッセイを書かれているので需要がずいぶんあると思われます。
自分では買っていないのに、文章で読んでたのしむ心理はこれいかに?
買い物エッセイは旅行記の位置にあるようにも思えます。

もうすでにこの辺りの心理は、経済ジャンルで研究されているのでしょうか。
論文とかも調べればありそうです。
「消費・心理」はいつか読みたいカテゴリーとして心にメモをとりました。
でもまずは他の買い物エッセイをたのしく読みます!(消費心理は難しそうですから……)

【本】雨のことば辞典/倉嶋厚 他 編著

雨のことば辞典
倉嶋厚・原田稔/編著
講談社学術文庫


ふと目に留まって手に取り「へーっ、辞典だから確かにつくりは辞書だよなぁ」とパラパラとめくりました。
失礼ながら、どういう人が買ったりするのかと思ってしまいました。
どの辺の読者層を想定して、どのくらい売れると想定して作ったのかなぁと考えました。

本書は単行本での発売14年後に文庫化されたものです。
講談社学術文庫なるものも初めて知りました。
おそらくシリーズは本屋さんで目に入ってはいたのでしょうが、全然意識をしておりませんでした。
でも巻末の「講談社学術文庫の刊行に当たって」という文章を読んで、自分の下世話さにちょっと恥ずかしくなりました。
学術をポケットに入れることをモットーとして生まれた文庫だそうです。
「どのくらい売れる」とか考えてすみませんでした。

ファーストコンタクトは、俳句はもちろんのことことばで何かを創作されているなら語彙力の補完にいい、でした。
「雨についてのことばがこんなにある」と感心しながら読むはずでした。
ふーん、というスタンスでいたつもりですが気づけばじっくり読んでしまっていました。

編者の方もおっしゃっているように「雨の恵みを表すことばが意外に多い」のです。
季節の情景を思い描いて、旅行にでもいったかのようでした。
行間に豊かな眺めが広がります。

他にも雨にまつわるコラムやことわざ・慣用句があります。
ことわざ・慣用句には「晴耕雨読」など有名なものもありましたが、ほとんど知らないものばかりでした。
こちらも説明を読むだけで景色が広がって、それにまつわる落語のひとつでもありそうでした。

当初に思っていた以上にはまって読んでしまいました。
たまにパラパラとめくってしまうような、手放しにくい1冊です。

【メモ】大量生産された味噌の健康への効果はどうなのでしょう

さて、先日は納豆の健康効果について書きました。
【メモ】納豆の健康への効果はどうなのでしょう
その時にお味噌汁も健康にいいとされているけれども、それって昔ながらの伝統的製法の味噌でしょう?スーパーで売っている大量生産の味噌でも効果は大丈夫なのかしら?と考えたので調べてみました。

結論としては、HPや原材料を確認したところ有名大手メーカーさんの味噌でも健康効果は期待できそうです。
ネットなどでは「大量生産されたものは発酵させずに香料と着色料で味噌っぽくしている」が前提として書かれていることがありました。
でも”みその表示に関する公正競争規約”には
第2条(1)大豆若しくは……略……これを発酵させ、及び熟成させたもの
となっているので、普通にお店で「味噌」と表示して売っているものは大豆を発酵させたものなので健康効果は期待できるとされます。
そもそもネットなどで大量生産されたものは発酵させていない、と言われているのも根拠が乏しいです。
でも発酵期間が大量生産の方が短いのは事実で、発酵していないと思われてしまうのも無理もないです。
工程や菌の改良が行われているので期間が短縮されているようです。

まず、お味噌汁が身体にいいとされていることは
1.必須アミノ酸やビタミンB群が豊富に含まれている
2.生活習慣病を抑制
3.アンチエイジング
が、代表的なものです。
これらが大量生産された味噌でも健康効果があるか考えてみると

1.必須アミノ酸は身体にとって必要なアミノ酸で、味噌には8種類が含まれています。
これは大豆が発酵の過程で分解されることによって生成されるものです。
また、ビタミンB群も大豆由来なので大豆を発酵させて製造されているものなら大量生産の味噌でも効果があると考えられます。

そもそも大豆は栄養が豊富ですが、消化吸収があまりよくありません。
しかし味噌は発酵により大豆がすでに分解されているので吸収されやすくなっています。
「でもお味噌汁1杯に大さじ1くらいしか使わないから含まれている栄養もたいした量ではない」
と、思いがちですが味噌の大豆は分解されているので3~4杯のお味噌汁で、1日の摂取目安量とされる豆腐半丁くらいの大豆タンパク質に相当します。
あまりお味噌汁に栄養価があるって考えていなかったので意外です。

2.生活習慣病の抑制については、味噌にはコレステロールを抑制するリノール酸などが含まれています。
こちらも発酵する過程で大豆が分解されて生成されます。
よって大量生産された味噌でも大豆が分解されているはずなので、リノール酸の存在が期待できます。
(生活習慣病の抑制については大量にあり過ぎてあっさりまとめてしまいました)

3.アンチエイジング効果も、老化を抑制する抗酸化作用があるメラノイジンが含まれています。
これは茶色になっている褐色成分で、メイラード反応によって生成されます。
あれ、メイラード反応って糖化のことで身体に悪いんじゃなかったんでしたっけ?
糖化は身体の中の糖とタンパク質が結びつく現象で、血糖値が高い状態が続くと起きやすくなります。
糖化を体内で起こすと肌の老化を促進させてしまいますが、食品からメラノイジンを摂取すると身体によい効果があるそうです。
あら、知りませんでした!
メラノイジンの抗酸化作用で細胞を若々しく保ったり、血流改善や整腸作用の効果があったりします。
これからはアンチエイジングのためにお味噌汁をガブ飲みします!!!

よって大量生産された味噌でも(発酵で大豆が分解されているなら)健康効果が期待できるとします。

しかし、いくらアンチエイジングが期待できても塩分が気になるところです。
ところが、同じ塩分濃度の食塩水とお味噌汁ではお味噌汁の方が血圧上昇に影響しにくいという研究論文があるそうです。
さらにお味噌汁の具材もカリウム(海藻や野菜)を含むものが多いのでナトリウム(塩分)が排出されやすくなっています。

あら、お味噌汁って意外と素敵!と思いますが、塩分は塩分なのでお出汁をしっかり効かせて無駄に濃い味にならないようにこれからもなるべくお味噌汁は作っていきます。

【本】社会人大学人見知り学部卒業見込/若林正恭著

完全版
社会人大学人見知り学部卒業見込
若林正恭/著
角川文庫



お笑い芸人、オードリーの若林正恭さんの著書です。
最初にオードリーの若林さんを見たときは、ずいぶん脱力系の人だなぁと思いました。
ガツガツしていないというか、達観しているイメージでした。
でも本書を読むと、脱力とはほど遠くいろいろ考えていらしたようでした。

TVで顔とお名前は一致してはいたのですが、人となりに興味はあまりありませんでした。
するとEテレで毎週土曜22時から放送している「SWITCHインタビュー達人達(たち)」という番組で芥川賞作家の羽田圭介さんと対談されていたのです。
それまで優等生で、人と上手くやっていくイメージで「ロックな人間」の部分があるのが意外でした。
さらに羽田圭介さんと息があっていて、とてもおもしろい対談でした。

脱力系に見えるロックな人間の人となりに俄然興味がわいてきました。

本書は帯に「中二病全開」とあったそうで、自意識を軸に書かれています。
でも文体は過去形なので安心して成長過程が見られます。
社会と折り合いを付けていくのも、不本意ながらという形ではなく「慣れていく」のです。
中には驚くほど慣れないことも含まれています。
多くの若者が「共感した」という感想を寄せたのも、慣れと慣れないことのスキマに自分を重ねたのかもしれません。

私は視点がとてもおもしろいと感じました。
心のすみにチラっとあった自意識がちゃんと表現されています。
でもだんだんと生きやすくなっていっているのです。
そんな意図はなかったでしょうが、少しホッとします。
リフレッシュによい読み物です。

【メモ】納豆の健康への効果はどうなのでしょう

モノゴコロついた頃から納豆は、好き嫌いは別にして身体にいいものだと思っていました。
身体にいいらしいので深く考えることなく、なるべく食べるようにしています。

納豆の食べ方は「ご飯にかける」が王道です。
でも朝はパンだったり夜も糖質制限をしたりしていると、なかなか「納豆ごはん」のきっかけがありません。

身体にいいから食べなくちゃ。

と、思って、では朝食のスクランブルエッグの具にしてみたり、お味噌汁の具にしてみたりしていました。
しかし、ある日ふと「納豆の健康効果って加熱は大丈夫なのかしら?」
と思いました。
ほら、野菜も加熱するとビタミンが壊れるとか言うではないですか。

そもそも納豆が身体にいいとされるのは何だったかなぁと調べてみました。
・血栓症、高血圧の予防
・美肌
・整腸作用

そうそう、血液に関係することにいいって話でした。
ナットウキナーゼが血栓を溶解する作用があるので血栓症予防や、血液の流れが良くなって高血圧に効果があるとされています。
でも、ナットウキナーゼは酵素です。

酵素はタンパク質で作られた、体内の消化や吸収などの生命活動の仲介をする役割があります。
なのでタンパク質ということは、熱で変質してしまいます。
生卵の透明だった白身が、加熱すると白くなってしまうようなものです。
あら、では納豆は加熱すると血液サラサラは望めませんね。

そしてさらに調べると、そもそもナットウキナーゼの効果は賛否両論でした。
ナットウキナーゼに血液溶解作用があるとされていますが、納豆を食べてから体内でその効果があったというデータは無いそうです。
ええっっ!コラーゲンと一緒のやつですか?
ちょっと納豆様の健康効果を信じていたのでショックです。
20160609ぱくたそ味噌
では次の美肌効果はどうでしょうか?
女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンが含まれています。
イソフラボンはポリフェノールの一種で、加熱による減少は基本的にはないとされています(流出を除く)
さらに抗酸化作用のあるビタミンEや肌の再生を促すビタミンB2やB6が豊富に含まれています。
これらのビタミンは加熱調理に向いているとされているので大丈夫なはずです。

それから整腸作用です。
納豆菌が腸内で善玉菌に作用して腸内を良い環境に整えるとされています。
納豆菌は「耐性菌」なので加熱調理では死にません。
まさに「生きて腸まで届く」です。
でも腸内にとどまらずに排出されてしまうので、定期的に食べなければなりません。
腸内細菌の健康効果は腸内フローラやプロバイオティクスとして注目されているので、納豆の新たなアピールポイントかもしれません。

結論
納豆は栄養があるから食べよう。
食べ方は自由!

【本】税金のしくみと疑問解決マニュアル138/河原大輔監修

すぐに役立つ
図解とQ&Aでわかる
最新 税金のしくみと疑問解決マニュアル138

河原 大輔/監修
三修社



別件で本を探していたら偶然に見つけました。

138項目にわたり一問一答形式で様々な税金の説明がされています。
職業柄、知っていることもありましたが明文化されることによって知識がはっきりしました。

税金に関して書かれた本はたくさんありますが、出だしの「税金とは」で面倒くさくなってしまうことが多いです。
本書は質問形式の章立てで、先に興味のあるところから読みすすめられます。
そして質問も住宅ローンについてやNISA講座についてなど身近なものが多くあり、とても分かりやすく説明されています。
「確定申告を忘れてしまった」など、たまに疑問に思うけれども具体的にはどうするのか知らないことも質問にあります。

私は義務教育か、せめて高校か大学でファイナンシャルプランナー3級レベルの授業があればいいのにと思っています。
「知っている」は、今後の人生においてお金への対し方が全然違ってくるはずです。
なので本書も日常生活の税金のことを中心に、不動産、相続、贈与、資産運用の知識が身につきます。
少し勉強したいけれども、本を読んでも難しくて頭に入ってこないという人は情報の交通整理ができるのでオススメです。

【サッカー】いろいろなサポーターについて

少し日が経っていますが、自分の考えの備忘録としても書いておこうと思います。

2016年5月21日にJリーグ第1ステージ13節の湘南-仙台戦がShonanBMWスタジアム平塚にて行われました。
試合終了後(湘南が0-1で黒星)にゴール裏のサポーターと曺貴裁(チョウ・キジェ)監督との間に何かあったらしいのです。

私は中央ゲート階段下にいたので全然知りませんでした。
立っていたそばで「ラッキーバースデー」(その日が誕生日の人はピッチ上でマスコットのキングベルと写真が撮れるイベント)参加者の点呼をとっていて、ボンヤリ眺めていました。
小学生の兄弟2人を連れたお母さんが「誕生日なのは私ですが、中に入るのは息子2人でもよろしいですか?」(当事者と付き添い1名が入場可能)と交渉しています。
ゴール裏が騒然としている時、別のスタッフは小学生兄弟サポーターの「ピッチに入れるワクワク」を臨機応変に受け入れるか対応の最中だったのです。
20160603ぱくたそ_あひるちゃん
そのあと私は場所を移動し、いつもよりサポーターが多く残っていること、いつもより選手のクールダウン開始が遅いことに気がついて「あれ?何かあったのかな」と思いました。
村山選手がフードを目深にかぶっていたのが心に引っかかりました。
その夜に嫌な予感がしてインターネットで検索してみたら、
「ホームゲームで勝ち星がいまだ無いことにブーイングのサポーターに曺監督がキレた」
らしいのです。
そして「辞めろ」と声が上がったとか。
(先に説明しておくと、誤報というか状況を把握しきれていないネットニュースでした)

すごく動揺してしまいました。

曺監督がイヤになって本当に辞めたらどうしよう、
ゴール裏の人たちはなんてことをしてくれたの!

グルグルと考えてしまいました。
いま思うと失礼な話で、曺監督がそんなメンタルで監督をやってはいません。
そしてゴール裏のサポーターの人たちも。
でもTwitterを検索してその場にいた人によると曺監督は話し合いのために自分からサポーターに近づき、一部から罵声はあったものの、最終的には曺貴裁コールがあったそうです。

(曺監督も記事配信の日時を前倒ししてあの日について考えを述べられています)
Number web
湘南サポーターと激論交わした曹監督。
あの時、本当に伝えたかったこと。
http://number.bunshun.jp/articles/-/825736

何があったか分かってホッとしました。
Twitterでもどんどん意見がポストされていきます。
私も動揺したけれどホッとした気持ちをつぶやこうとしましたが、うまく表現できませんでした。
つぶやきかけて、止める。
の、繰り返しです。

このモヤモヤとした気持ちはなんだろう。
ずっと考えて、自分はサポーターとしてあまり自信がないので意見を表明する勇気がなかったんだということに至りました。

どんなに負けが込んでもかわらぬ態度で応援し続けてきましたが、やっぱり熱心に応援されているサポーターと比べるとゆるいです。
どこか「サポーターづらしてすみません」と思っていました。

でもある日フト、そういえば「あの日、中央ゲートの下に居た人たちには、こんな騒動が起こっていたことを知らない人もいるのではないか?」と思いました。
あの小学生兄弟サポーターとお母さんは気づいていない可能性が大です。

でもベルマーレにとってはゴール裏のサポーターも、小学生兄弟サポーターも大事なお客さんです。
同じです、きっと。

私はどちらかというと小学生兄弟サポーター寄りです。だから無理してゴール裏の人たちに寄せる必要はないのです。
のほほんとゴール裏のリードに任せてタオルマフラーを振ります。
負けて残念がりながらも、のほほんとしてます。
熱心なサポーターさんからすると「もっと声を出して」「もっと熱くなれよ」だと思います。

でもゴール裏の騒動と同じ時間に、別のサポーターの大事な交渉も進んでいました。
いろいろなサポーターがいます。
これからも私は「サポーターづらしてすみません」としながらもいろいろなサポーターとして堂々と応援します。

いつもゴール裏のサポーターさんありがとうございます。
楽しくタオルマフラーを振っています。
中継でもチャントが音声に拾われていて「おお!」と思います。
これからもよろしくお願いします。