【サッカー】いろいろなサポーターについて

少し日が経っていますが、自分の考えの備忘録としても書いておこうと思います。

2016年5月21日にJリーグ第1ステージ13節の湘南-仙台戦がShonanBMWスタジアム平塚にて行われました。
試合終了後(湘南が0-1で黒星)にゴール裏のサポーターと曺貴裁(チョウ・キジェ)監督との間に何かあったらしいのです。

私は中央ゲート階段下にいたので全然知りませんでした。
立っていたそばで「ラッキーバースデー」(その日が誕生日の人はピッチ上でマスコットのキングベルと写真が撮れるイベント)参加者の点呼をとっていて、ボンヤリ眺めていました。
小学生の兄弟2人を連れたお母さんが「誕生日なのは私ですが、中に入るのは息子2人でもよろしいですか?」(当事者と付き添い1名が入場可能)と交渉しています。
ゴール裏が騒然としている時、別のスタッフは小学生兄弟サポーターの「ピッチに入れるワクワク」を臨機応変に受け入れるか対応の最中だったのです。
20160603ぱくたそ_あひるちゃん
そのあと私は場所を移動し、いつもよりサポーターが多く残っていること、いつもより選手のクールダウン開始が遅いことに気がついて「あれ?何かあったのかな」と思いました。
村山選手がフードを目深にかぶっていたのが心に引っかかりました。
その夜に嫌な予感がしてインターネットで検索してみたら、
「ホームゲームで勝ち星がいまだ無いことにブーイングのサポーターに曺監督がキレた」
らしいのです。
そして「辞めろ」と声が上がったとか。
(先に説明しておくと、誤報というか状況を把握しきれていないネットニュースでした)

すごく動揺してしまいました。

曺監督がイヤになって本当に辞めたらどうしよう、
ゴール裏の人たちはなんてことをしてくれたの!

グルグルと考えてしまいました。
いま思うと失礼な話で、曺監督がそんなメンタルで監督をやってはいません。
そしてゴール裏のサポーターの人たちも。
でもTwitterを検索してその場にいた人によると曺監督は話し合いのために自分からサポーターに近づき、一部から罵声はあったものの、最終的には曺貴裁コールがあったそうです。

(曺監督も記事配信の日時を前倒ししてあの日について考えを述べられています)
Number web
湘南サポーターと激論交わした曹監督。
あの時、本当に伝えたかったこと。
http://number.bunshun.jp/articles/-/825736

何があったか分かってホッとしました。
Twitterでもどんどん意見がポストされていきます。
私も動揺したけれどホッとした気持ちをつぶやこうとしましたが、うまく表現できませんでした。
つぶやきかけて、止める。
の、繰り返しです。

このモヤモヤとした気持ちはなんだろう。
ずっと考えて、自分はサポーターとしてあまり自信がないので意見を表明する勇気がなかったんだということに至りました。

どんなに負けが込んでもかわらぬ態度で応援し続けてきましたが、やっぱり熱心に応援されているサポーターと比べるとゆるいです。
どこか「サポーターづらしてすみません」と思っていました。

でもある日フト、そういえば「あの日、中央ゲートの下に居た人たちには、こんな騒動が起こっていたことを知らない人もいるのではないか?」と思いました。
あの小学生兄弟サポーターとお母さんは気づいていない可能性が大です。

でもベルマーレにとってはゴール裏のサポーターも、小学生兄弟サポーターも大事なお客さんです。
同じです、きっと。

私はどちらかというと小学生兄弟サポーター寄りです。だから無理してゴール裏の人たちに寄せる必要はないのです。
のほほんとゴール裏のリードに任せてタオルマフラーを振ります。
負けて残念がりながらも、のほほんとしてます。
熱心なサポーターさんからすると「もっと声を出して」「もっと熱くなれよ」だと思います。

でもゴール裏の騒動と同じ時間に、別のサポーターの大事な交渉も進んでいました。
いろいろなサポーターがいます。
これからも私は「サポーターづらしてすみません」としながらもいろいろなサポーターとして堂々と応援します。

いつもゴール裏のサポーターさんありがとうございます。
楽しくタオルマフラーを振っています。
中継でもチャントが音声に拾われていて「おお!」と思います。
これからもよろしくお願いします。