【本】お父さんは時代小説が大好き/吉野朔実著

吉野朔実劇場
お父さんは時代小説が大好き

吉野朔実/著
本の雑誌社



吉野朔実さんの訃報に「現在は書評を連載していた」となっていて読んでみたいと思いました。
文筆家が本業ではない人の書いた書評に興味があったのです。

でも、書籍化されている本書を読んでみたら本に関するエッセイ漫画でした。
詳しい解説とかではなく、その本やジャンルについてのエピソードが描かれています。
書評とは少し違うのですが、想像がかき立てられてむしろ印象に残りました。
表題は好評だったエピソードの一つです。

さらに合間に対談が行われています。
本を読むことについてサラリと語りあっていて、あるあると思ったりも。

本書の初版は1996年12月です。
まだ「検索」が一般的ではない頃で「分からないことを調べる」のも本がとても重要なアイテムでした。
あの頃の読書は、今よりももっと自分の栄養になる大事な手段の一つだったと思い出されます。

1991年から「本の雑誌」で連載されて25年続いたそうです。
この長さからも、人気の漫画家がちょっと描いた読書日記だけではないことが伺えます。
「そうだ、本を読もう」となる一冊です。
その後シリーズ化されているので好評なのもうなずけます。
(現在は電子書籍のみ扱いのようです)