【結婚式手抜き準備】椿山荘のウエディング相談会に行ってきました。日取り決定編

(披露宴会場編からの続き)
さて、3カ所ずつチャペルと披露宴会場を見学してブライダルサロンに戻ってまいりました。
いよいよ本題の日取りと見積もりです。

披露宴会場はカメリア個室が本当に素敵で、椿山荘ならでこそといった感じでした。
でも、お料理は他の会場で選べるものとは別の「本格フランス料理」一択とのことです。
ああ、我が父の口に合わないのが目に浮かぶようです。
夫もすごく美味しいのだろうけど、楽しく気楽に食べる感じではない印象を受けたようです。
せっかくの少人数なのでリラックスして欲しい…
と、いうことで泣く泣くカメリアは諦めました。

食事に重点を置きたかったので会場はシェフズテーブルに決めました。
カメリアほどではなくても、5階なので眺望もばっちりです。
ショーキッチンを楽しみながら、お箸で食べられるフレンチをモリモリ新婦も食べます。

では、空いている日取りを確認していただきます。
サロンに行ったのはお盆の直前だったので秋はもう無理だし、12月も年末で忙しいということで、年明けの1~2月の土日のお日柄が良い日の空きを挙げてもらいました。

画像参照:http://hotel-chinzanso-tokyo.jp/garden/seasons.html
画像参照:http://hotel-chinzanso-tokyo.jp/garden/seasons.html

ちなみに日中を指定したので2ヶ月間で3日分しか空いてませんでした。
さらに3月の土日で唯一の大安の日も確認していただいたらすでに埋まっていました。
噂では聞いていましたが、いかに自分が事前準備が足りないかを思い知りました。
確固たる式の日取りがあるのなら、半年前では遅いようです。

よって、その空いている3日分から選んだ日にしました。
その頃のお庭は椿と早咲きの桜が咲いているそうなので楽しみです。
(打合せ回数を減らす編へ続く)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です