【結婚式手抜き準備】椿山荘のウエディング相談会に行ってきました。チャペル編

食事会風の結婚式を行う候補が椿山荘になってからしばらく経ちました。
(椿山荘に決めた理由編)
他に候補が挙がるでもなく、具体的な日取りを決めたわけでもありません。
会うたびに義父から「どうなってるんだ」と聞かれます。
夫も、義母の体調不良も相まって思うところがあるから義父があんなに言うんだと思う、とのこと。
よし、1週間ある夏休みのうちどこかの日で式場見学に行こう!ということになりました。
ブラリと行って話を聞いて、混んでいたらパンフレットをもらってこようという気楽なつもりでした。
でも、念のため調べてみたらお話を聞くのにも予約がいるのですね。

夏休みだったけどお盆休みには2日早い平日です。
当日の開店直後に椿山荘のブライダルに電話をしてみたら、希望の時間には予約がとれませんでした。
ええっっ!
世の中ってそんなにブライダル関連が混んでいるのかとびっくりしました。
(後日よく考えてみれば1回の訪問で全てが済むはなしではないので、効率のよい営業スタイルならほどよく混んでないとですものね)
希望の時間より遅く、空いているところに予約をいれました。

予約時間は14時だったので、目白駅近くの「天作」という天ぷら屋さんで週替わり天丼のランチを頂きました。
その後、駅からバスに乗ってブライダルサロンへ伺いました。

ブライダルサロンでは、席に案内され、担当の人がついてくれました。
希望スタイルなどを聞かれたのですが、私たちは少人数という以外は何のビジョンもありませんでした。
平日で空いているのでいろいろ少人数用の会場をみせていただくことになりました。

その時はチャペルでの式はしなくてもいいという気持ちでした。
でも、せっかく平日で空いているので、ついでにご覧になってみてくださいとチャペルも案内していただきました。

最初に見た式場が
「ルミエール」収容人数96名
さすがクリスタルチャペルと言われるだけあって、大きな窓から降り注ぐ陽光に白い大理石が輝いて、さらに美しいお庭や滝までもが見えます。
入場した瞬間に、
「あら素敵」
と、思ってしまいました。
一族郎党「自然とか興味ないんだよねー」という以外は、とても幻想的なのでお勧めです。

画像参照:http://hotel-chinzanso-tokyo.jp/wedding/many-thanks/ceremony/chapel.html
画像参照:http://hotel-chinzanso-tokyo.jp/wedding/many-thanks/ceremony/chapel.html

次は
「シエル」収容人数70名
木目調の壁で温かみがあり、オルガンの生演奏があるそうです。
派手にせず、こぢんまりとしたい私たちには合っているチャペルかもしれません。
ホテルの4Fにあります。

画像参照:同じ
画像参照:同じ

その次は
「ヴァンヴェール」収容人数80名
あまりお庭は見えないけれど重厚感があるチャペルです。
参列者にバリエーションがある人や、きちんとしたものを望む人向きかもしれません。
庭園独立型でお城のようなたたずまいです。

画像参照:同じ
画像参照:同じ

最初は興味がなかったのですが、見終ると
あー、楽しかった。
という気持ちになりました。
さすがブライダル案内のプロです。
大きな窓から陽光降り注ぐ滝ビューの「ルミエール」に一目惚れをしてしまいました。
(披露宴会場編へと続く)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です