【結婚式手抜き準備】あとになってから思う、結婚式はもう少し節約できたかも?

打ち合わせを減らす編(【結婚式手抜き準備】打合せ回数を減らす編~ホテル椿山荘東京で披露宴。)で思ったことは、結婚式で節約しようとすると手間暇をかける覚悟が必要だなぁ、です。
結婚式の節約は、ほぼ情報戦です。

我が家は重い腰をようやく上げて、親族だけの食事会のような結婚式を挙げました。
ですから下調べを全然せずに、準備に手抜きをすることだけを考えていました。
するとあとになってから「そういうのもあるんだ」と知ることがしばしばありました。
手間をお金で買うことにお互いが納得していましたが「もう少し安くできたのかな」と心のどこかで考えてしまいます。

少し調べるとたいていの結婚式節約術のブログには都道府県民共済の利用があげられています。
これはあまりにも節約の王道なので後述することにします。
20160419ぱくたそ_式場
まず、我が家は他の式場の見学を一切しなかったのですが、相見積もりをとって迷っていると伝えるとサービスがあったりするそうです。
逆に私たちは初めての来店で即契約したので少しサービスがありました。
値段交渉は少しやってみればよかったな、と思うところです(オプションサービスなど)

さらに、百貨店などにあるブライダルサロンの紹介を経由すると少し安くなることもあるそうです。
また、百貨店には福袋があったりします。
まさか!と思いましたが伊勢丹とかにウエディング福袋がありました。我が家は少人数だったので該当しませんでしたが、かなりお徳なようです。
お正月には百貨店の福袋もチェックしてみてください。

また、ベールやグローブを皆さんはネットなどで購入されてますが、私はドレスをレンタルしたお店で買いました。
確かにネットの方が安いのですがドレスを着ていろいろ試着できるのと、持ち込む手間を考えれば許容範囲の差額に思えます。
20160419ぱくたそ_ドレス
でも許容範囲がモヤッとするのがブライダルインナーです。
これもドレスをレンタルしたところで購入しました。
他のお店で買ったらもう少しお安くできた気もします。
手間のことを考えてもモヤッとするお値段でした。

あと、あまり必要なかったな、と思うものはメンズジュエリーです。
最初は、私ばかりがアクセサリーを付けて新郎に飾りがないのはさみしいかな?と思いました。そして勧められるがままタキシードの胸に付けるメンズジュエリーをレンタルしてしまいました。
店員さんに「これはキャンセルできません」とすごく念押しされました。

…ええ、そうです、確かに念押しされました。

あとになって冷静になるとブートニアという、ブーケと同じ花材で作られたコサージュを新郎の胸に挿すからアクセサリーはいらないのでは?となりました。

…ええ。

レンタルなのに解約が当日までの日数に関係なく「キャンセルできない」と言われたらほぼ「いらなかったかもと後悔する」アイテムだと考えていいと思います。
あまりにも正気になってキャンセルする人が続出するから、キャンセル不可になったのではないかと邪推してしまう出来事でした。
20160419ぱくたそ_指輪
さて、前述した都道府県民共済、いわゆる都民共済は非営利の生活協同組合のことです。
生命共済や火災共済という、生命保険や火災保険を扱っています。
そこがブライダルプラザも運営しているのです。
利益を目的としない団体なので、組合員のためにいろいろお安くなっています。
多くの結婚式場と提携しているので、ここでドレスのレンタルや引き出物を準備しても持ち込み料がかかりません。
ハッピープランが適用されるとかなりコストダウンできます。
唯一の難点は新郎新婦が共済に加入しなければならないところです。
まあ、何か生命保険に加入しようと思っていたところならばちょうどいいのではないでしょうか。
ちなみに利用されたかたのよくある質問は「すぐに脱退してもいいですか?」です。
明確な縛りはないようですが、お安くできたのは相互扶助によるところなので利用するだけして即さよならは考え方しだいのようです。

互助会や組合は無意識にスルーしてしまっていることもあるので、自分の身の回りも再確認してみてください。
利益を度外視でウエディングを扱っているかもしれません。