【美術館】フェルメールとレンブラント

「フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展」
森アーツセンターギャラリー
2016.01.14 – 03.31
20160326フェルメール
行ってきました。
安易ですが、フェルメールのファンなのです。

好きな理由として「光」です。
光が表現されているものに惹かれるらしく、フェルメールはまさにど真ん中です。

ポスターにもあるように
光のフェルメール。闇のレンブラント。
レンブラントも印象的だと思っていたら「闇」だからですね。
闇があるから光が際立つと。
あらやだ、ぜひともこの目で確かめなくちゃ、となりました。

森アーツセンターギャラリーは六本木ヒルズ森タワー52階にあります。
六本木ヒルズだなんてドキドキします。

まずは初来日の「水差しを持つ女」へ直行です。
フェルメールらしい小さな作品(45.7×40.6 cm)です。
見に来た目的とも言える、光のグラデーションを堪能します。
頭巾から透ける光が後光のように美しかったです。

そしてもう一つの目玉、こちらも日本初公開のレンブラント「ベローナ」へ。
こちらは大きい(127.0×97.5 cm)作品です。
「水差しを持つ女」と同じ油彩であるのに、フェルメールは透明感で「ベローナ」は重厚感。
今回の開催はフェルメールは1作品しか展示されないからどうしようかなと思ったりもしたのですが、このフェルメールの光のグラデーションとレンブラントの暗がりから浮かび上がる金属の質感が味わえたので来てよかったです。
(フェルメールは1作品でしたが、他にも見応えのある60作品ありました)

表題作を見て落ち着いてから、改めて他の作品を鑑賞します。
副題にも17世紀オランダ黄金時代とあるように、フェルメールやレンブラントと同時代の作品です。
教会建築内部が描かれたものはオランダで発達したそうですが、建物の中でこその遠近法をじっくり見てしまいました。

自分の好みにどんぴしゃな展覧会でした。