【落語】とんとんオチの落語「雑俳」

第十回 木木亭落語会に行ってきました。
もう十回目になるのですね。

いつもは桂竹わさんが出演されますが、この日は都内でお仕事があるので代わりに三遊亭遊七さんの出演でした。

遊七さんはお子さんがいらっしゃる女性の前座さんです。
まくらの部分でとても流れるようにお話しされるので修行中でもやっぱり噺家、しゃべりが上手だなぁと思っていたら実は前職は観光ガイドさんとのことでした。
身についた場数ってすごいですね。

そして遊七さんの演目が終わった頃に、予定にはなかった桂竹わさんの登場です。
他のお仕事が終わったので駆けつけてくださいました。
お会いできないと思っていたから嬉しいです。

竹わさんの演目は「雑俳(ざっぱい)」でした。
言葉遊びというか、擬音や重ね言葉がおもしろい「とんとんオチ」の落語です。
テンポよく噺が進むオチになります。
これは観客もどこまでおもしろく思えるか、力試しのようです。
早口でリンリン言ってるのもおもしろいのですが、何のことだか理解しているともっとおもしろいのです。
噺の長さを調節できるので前座噺として有名らしいのですが、地口オチ(だじゃれ)とか間抜けオチよりは聞く方にも場数がいる気がします。

場数といえば、竹わさんも前座さん経験が長くなってきています。
前職が観光ガイドの遊七さんもしゃべりは上手だったのですが、竹わさんも落語のお稽古をしてきた時間が長いので引きつけられます。

マラソンの野口みずきさんの言葉に「走った距離は裏切らない」というのがあります。
練習した距離が結果になってくるということです。
二ツ目の竹千代さんのときも経験値による吸引力を感じたので、お稽古してきた場数は裏切らないのですね。

そう、竹わさんもピチピチの前座さんだと思っていたら先輩になっていました。
遊七さんが「竹わ兄さん」と呼んでいたので「あっっ」と思いました。

_人人 人人 人_
> にいさん <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

お客さんの多くが「そうか、竹わさんも先輩になってるのか」とホロリとしたはずです。
今回は「竹わ兄さん」が聞けただけでも大満足でした。

寄席の後のお茶は竹わさん差し入れの静岡茶と手作りわらび餅でした。
20161201_%e3%82%8f%e3%82%89%e3%81%b3%e3%82%82%e3%81%a1

【落語】第八回 木木亭落語会に行ってきました。

前回は行けなかったので、4ヶ月ぶりの落語会です。
前座の桂竹わさんの第一声を聞いて「そうそう、いいお声!」となりました。
相変わらずのイケメン落語家です。

私はマクラを聞いて「おっ、今日は◯◯だねぇ」と言うのが憧れですが、出だしを聞いて「あ、知ってる噺かも」と思いました。
でも、題が思い出せなかったので「おっ、今日は◯◯だねぇ」はできませんでした。
(しかもマクラでは気づかなかったのでダメなんですがね)

演目は「紙入れ」でした。
不倫の噺で、間抜けオチです。
若者と、艶っぽい肝の据わった女将さんと、人のいい旦那さんが出てきます。
竹わさんの落語で女性が重要人物として登場するのは初めての気がしました。
(全部を聞いていないのですが)
各キャラクターを演じ分けているのがおもしろかったです。
ずっと座りながら、衣装も替えずに、でもちゃんとセリフで伝わるのです。
あらやだ、私も落語を聞く力がついてきてる!

ご本人も、お茶の時間に「俳優や声優は役になりきるけれども、落語は自分の中のものを引き出して同化しない(意訳)」のようなことをおっしゃっていました。
そして「紙入れ」あまり前座ではやらないそうです。
難しいので、人生経験を積んでから演じるのだとか。
やっぱり女将さんが難しいのでしょうか?

「紙入れ」を知っていたのは、3月28日にNHK総合で放送していた「超入門!落語 THE MOVIE」を観たからだと思い出しました。
古今亭菊之丞さんの噺に合わせてハライチ澤部さんと友近さんが演技をする、映像付きの落語でした。
その時は「元犬」(ハライチ澤部さん)と「紙入れ」(友近さん)が演目でした。
「元犬」はタイムリーにもその月の落語会で竹わさんで予習済みでした。
「紙入れ」は芸達者な友近さんの女将さんがリアルで、新しい落語のようでした。
第二弾はもうやってしまったのかと検索してみたらとてもいいタイミングで
2016年7月16日に「超入門!落語 THE MOVIE」
http://www4.nhk.or.jp/P3951/
がNHK総合で放送されるそうです。
「お菊の皿」と「庖丁」が演目だそうなので、またお噺のストックができます。
濱田岳さんと塚地武雅さんが出演されるのも楽しみです。

お茶の時間のお茶請けはパンナコッタでした。
20160713パンナコッタ
いつもおいしいデザートです。
「これは何?」と聞かれて「ババロアだよ」と答えた自分が恥ずかしいです。
ちなみにババロアはカスタードクリームで、パンナコッタは生クリームです。
木木亭落語会では洋菓子の知識もついていきます……。

【落語】第六回 木木亭落語会に行ってきました。

前回の第五回にも行った前座「桂竹わ」さんの落語会に、六回目も行ってきました。20160322めくり
我が家では竹わさんは「俳優の綾野剛と染谷将太を足して二で割ってお肌ツルツルにした感じ」として次世代を担うイケメン落語家です。
当日の朝の情報番組でもイケメン落語家として春風亭昇々(しゅんぷうていしょうしょう)さんが紹介されていました。
春風亭昇太さんのお弟子さんだそうで、落語芸術協会HPでプロフィールを確認したらテコンドー6級となっていました。
昇々さんの資格欄は書道四段がTOEIC410点だの英検4級だのに埋もれて突っ込みどころ満載です。
最近はTVで特集されるほどイケメン落語家さんが人気だそうです。

竹わさんも「まくら」の中で、現在イケメン落語家として有名な滝川鯉斗(たきがわこいと)さんと一緒に飲食店に入ったらすごい人気だったとおっしゃっていました。
あと2~3年ブームがもって、昇進してあやかりたいとも言っていました。
急いで昇進して綾野剛似の落語家として名を馳せてください!!!

演目は店主さんが先に「本日は犬のお噺です」と教えてくれました。
まくらを聞いて「おっ、今日は◯◯だねぇ」と当てるのが夢ですが、イケメン落語家からどうやって犬につながるの全然想像できませんでした。
まあ、犬の噺のストックがないので当てられるはずもありませんが。

このあたりで、知っている噺を増やすためにも有名な落語CDでも聴いてみますかと調べてみたらAll Aboutという生活情報サイトで「志の輔らくごBOX」をオススメされてました。
他にも自分の興味が持ちやすいように、食べ物ネタかお酒ネタでもCDを探してみたいと思います。

演目は「元犬(もといぬ)」でした。
白い犬が人間になる噺です。
江戸時代からある噺で、人間が犬になるのではなく、犬が人間になるので珍しいそうです。
心学の教義がもとになっています。
心学って?と調べたら実践道徳の教えで、神道・儒教・仏教が融合したものになります。
あらやだ、落語といえども崇高な生い立ちであなどれない感じ。
地口オチという最後に駄洒落を返すオチでした。

寄席のあとはお茶の時間です。
20160322アマン・トルテ
お茶請けのケーキを店主さんは「ママントルティー」とおっしゃっていた気がします。
とても美味しかったのでレシピを検索しても「ママントルティー」はヒットしませんでした。
いろいろ調べてバターを意味する「アマン」と、ザッハトルテなどの切り分けて食べる焼き菓子を意味する「トルテ」から
「アマン・トルテ」
と言っていたのかなぁと推測します。

こういうとあっさりした話ですが、いつもはGoogle先生が気を利かせて「もしかして:◯◯」と提案してくれるのに今回はトルティーヤや東京アマンについてたくさん教えてくださいました。
久しぶりのネット捕物帳です。
ここまでくると、最近は創作の域に達している私の聞き違いの可能性大です。
「一文字もあってないよ!」という。
真実を無理に知ろうとせず、小さな国の家庭料理と思うことにします。

そしてお茶の時間に「桂竹わさんは上手になっている」と話題になりました。
「前が下手だったわけではないけれど、上手くなってる」と。
「上手」というと上から目線でニュアンスが違うのですが、私もそう思いました。
ぴったりくる表現が見つからなくてずっと考えていたのですが、気づきました。
桂竹わさんも場数をこなされてきているのも大前提ですが、観客の私たちも聴く態勢が整ってきたのです。
私たちも上手になったのです。
ものすごい軽い気持ちで木木亭落語会に通っていますが、成長しています。
場数ってすごいです。

【落語】第五回 木木亭落語会に行ってきました。

前回の第四回にも行った前座「桂竹わ」さんの落語会に、五回目も行ってきました。
この落語会は噺の後にお茶がでます。

第5回木木亭落語会
第5回木木亭落語会

五回目ともなると、イスを寄席の形からカフェへとセッティングする時間が短縮されているそうです。
みなさんも運営に慣れてきました。
前回も思いましたが、この落語会はお茶の準備をしながら店員さんが奥で笑っているのがとてもいいのです。
月並みですが、みなさん桂竹わさんを応援しているんだなぁと心が温まります。

演目は「初天神」でした。
やはり私はまだまだ出だしのマクラを聞いても、本題に入ってもなんの噺なのかピンときませんでした。
2005年にTBSで放送されたドラマ「タイガー&ドラゴン」(宮藤官九郎:脚本)で蕎麦屋の店主役の尾美としのりさんがマクラを少し聞いただけで
「おっ、今日は◯◯だねぇ」
と言うのが憧れでした。
いつの日か当てられるように、落語の引き出しを増やしていきたいです。

「初天神」は動作が大きいお噺でした。
改めて、落語は演技力を含めて楽しむものだと感じました。
蜜をなめるシーンはリアルに「ああ、なくなっちゃう!」と苦笑です。
会場の店主さんも「とっても上手になって」とおっしゃっていて、私も回数を重ねることが楽しみになってきました。
地下アイドルを追いかけている人たちはこんな気持ちなのでしょうか?

そして落語には「金坊」という子供がよく出てくる気がします。
気のせいかな?と思って検索してみたら
「金坊」こまっしゃくれた子供
「定吉」お店の小僧
「亀ちゃん」素直な子供
という設定が多いらしいです。
あああ、そんな気がします。

2016年の1月からはTBSで毎週金曜日26:25から「昭和元禄落語心中」(雲田はるこ:原作)というアニメをやっています。

画像参照:http://rakugo-shinju-anime.jp/index.html#slide2 TBS「昭和元禄落語心中」(雲田はるこ:原作)
画像参照:http://rakugo-shinju-anime.jp/index.html#slide2
TBS「昭和元禄落語心中」(雲田はるこ:原作)

主人公達は未経験から落語を修行していきます。
声優さんが豪華で、演技の中で落語をさらに演じ分けているところがすごいとTwitterで話題になっていました。
ストーリーもおもしろいですが、そのあたりも注目して観ていきたいです。
噺のストックが増えるもの楽しいです。

【落語】第四回「桂竹わ」さんの落語会に行ってきました

第二回も行った前座の「桂 竹わ」さんの落語会に、四回目にも行ってきました。
残念ながら三回目は用事があって参加できませんでした。

今回は兄弟子の二ツ目「桂 竹千代」さんもご出演です。
今年の9月に前座から二ツ目に昇進されたお祝いも兼ねてとのことです。

画像参照:https://twitter.com/katuratakechiyo
画像参照:https://twitter.com/katuratakechiyo

竹千代さんは前座を4年「竹のこ」さんとしてお勤めされました。
そして二ツ目を約10年勤めると真打ちに昇進されるそうなので、これからホカホカの楽しみな瞬間を拝見できました。

お二人いらしたので、前座と二ツ目の違いの話題にもなりました。
前座さんは毎日寄席に通って雑用をされるそうです。

参照)「落語家の階級」公益社団法人落語芸術協会
https://www.geikyo.com/beginner/what_class.html

逆に二ツ目さんは雑用が免除される代わりに自分で仕事をとってこなくてはならない厳しさがあるそうです。
それは確かに厳しいですね。
竹わさんは落語会を定期的に開催されているので竹千代さんいわく「大丈夫」とのことでした。

演目は竹わさんは前座噺の「新聞記事」でした。
久しぶりにお声を聞いて、ああやっぱりいいお声だなと思いました。
私の勉強不足から落語のストックが無いので最後まで聞いても題名が思い浮かびませんでした。
後で検索しようとメモしたのが「天ぷら 揚げる」でした。
まさか「新聞記事」という題名とは意外でした。
思わずその場で「古典落語なんですか?」と聞いて(総勢20名のお客なのでチャンスはありました)しまいそうになりました。
でも、聞かなくてよかった、不勉強がバレちゃうところでした。
どうも「新聞記事」は「阿弥陀池」という古典落語を昭和初期に改題されたものらしいです。
ふ~、勉強になりました。

参照)新聞記事 (落語)Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E8%81%9E%E8%A8%98%E4%BA%8B_(%E8%90%BD%E8%AA%9E)

竹わさんは一門でも「ゆとり教育」として天然さを発揮されているらしいです。
俳優の綾野剛と染谷将太を足して二で割ってお肌ツルツルにした感じです。
真打ちに昇進したら人気がとっても出ると思うので、前座さんのうちに間近で見守っておこうと思います。

竹千代さんの演目は「寝床」でした。
ずっと前座噺のみの落語会だったので(前座さんは前座噺という簡単なものしか演じられないそうです)、お客さんは噺のレベルを上げても大丈夫かなと心配されていたそうです。
とても良くとおる声で、表情も豊かだったのでスッと頭に入ってきましたよ!
やっぱり、二ツ目さんの違いを感じました。
いえ、竹わさんが下手なのではなく、二ツ目の竹千代さんとのキャリアの差です。
いい体格されてるなーと思ったら柔道をされていて、弐段だそうです。
(ちなみにお耳は格闘技をされている方の特有の餃子耳でした)

やはり落語を聞く回数を重ねると、面白くなってきます。
これからもコツコツと楽しみたいです。

「桂竹わ」さんの落語会に行ってきました

第二回 木木亭落語会に行ってきました。

通りかかったお店の前の看板に、落語会のお知らせがありました。
出演者の「桂竹わ」さん、聞いたことある…
ああ、前に行った寄席で前座をやった人だ!
竹わ(ちくわ)という面白いお名前なので覚えていました。
その時の落語が面白かったので申し込んでみます!

そのお店は、店舗を貸切にして落語を披露する機会を提供しているようです。
知らなかったのですが、わりと他の飲食店でも開催されているらしく、今度から注意して貼紙をチェックしたいと思います。

当日は小さいお店で通常営業の片付けもあるだろうし、早く行ってもご迷惑かと開演15分前に到着。
…他のお客さんはみなさんお揃いで、最後の入場でしたよ。
真ん前の席しか空いてません。
ある意味ラッキーです。
年齢層が高めなのはさすが落語です。
名前が書いてある紙(めくり?)が達筆だなぁとながめていたら、ハンガーに掛けて吊ってありました。
手作りだわぁw

演目は「転失気(てんしき)」でした。
知ったかぶりが出てくる噺です。
(落語って知ったかぶり登場率が高いですよね)
調べたら、程よい短さで前座噺として好まれるらしいです。
とても聞き取りやすい声で、テンポも良くてあっという間に時間がたちました。
(たまに真打のかたでも船を漕ぎそうになることあります)
前の寄席でも楽しかったので、竹わさんのファンになりました。
とても聞きやすい落語なので是非、昇進していただきたい!

この落語会は、落語の後にお茶とケーキが出ました。
お店の方たちが裏でお茶の準備をされながら落語で笑っていて、
心から桂竹わさんを応援されているのが伝わってきました。

お茶の時間に竹わさんと少しお話ししたら、前座さんメのディア出演は師匠の許可なしではNGなのですね。
ネット配信などで手軽にお姿を拝見とはいかないようです。
しばらくは地道に活動をチェックしていきたいです。
会計士を目指してからの転身だそうなので、そのご経験は他の落語家さんには無い味になっていかれるかと期待です。

最後は名前が書いてある紙(めくり?)を持って帰られてました。
あの達筆は商売道具だったのですね。

しばらくの間は落語会を上演されたお店の近くを通った時に、メガネのひょろっとした若者を見かけると「竹わさんっっ!!??」と振り返ってしまいました。
********************
【桂 竹わ】プロフィール
桂竹丸門下(2014年入門)・前座