「桂竹わ」さんの落語会に行ってきました

第二回 木木亭落語会に行ってきました。

通りかかったお店の前の看板に、落語会のお知らせがありました。
出演者の「桂竹わ」さん、聞いたことある…
ああ、前に行った寄席で前座をやった人だ!
竹わ(ちくわ)という面白いお名前なので覚えていました。
その時の落語が面白かったので申し込んでみます!

そのお店は、店舗を貸切にして落語を披露する機会を提供しているようです。
知らなかったのですが、わりと他の飲食店でも開催されているらしく、今度から注意して貼紙をチェックしたいと思います。

当日は小さいお店で通常営業の片付けもあるだろうし、早く行ってもご迷惑かと開演15分前に到着。
…他のお客さんはみなさんお揃いで、最後の入場でしたよ。
真ん前の席しか空いてません。
ある意味ラッキーです。
年齢層が高めなのはさすが落語です。
名前が書いてある紙(めくり?)が達筆だなぁとながめていたら、ハンガーに掛けて吊ってありました。
手作りだわぁw

演目は「転失気(てんしき)」でした。
知ったかぶりが出てくる噺です。
(落語って知ったかぶり登場率が高いですよね)
調べたら、程よい短さで前座噺として好まれるらしいです。
とても聞き取りやすい声で、テンポも良くてあっという間に時間がたちました。
(たまに真打のかたでも船を漕ぎそうになることあります)
前の寄席でも楽しかったので、竹わさんのファンになりました。
とても聞きやすい落語なので是非、昇進していただきたい!

この落語会は、落語の後にお茶とケーキが出ました。
お店の方たちが裏でお茶の準備をされながら落語で笑っていて、
心から桂竹わさんを応援されているのが伝わってきました。

お茶の時間に竹わさんと少しお話ししたら、前座さんメのディア出演は師匠の許可なしではNGなのですね。
ネット配信などで手軽にお姿を拝見とはいかないようです。
しばらくは地道に活動をチェックしていきたいです。
会計士を目指してからの転身だそうなので、そのご経験は他の落語家さんには無い味になっていかれるかと期待です。

最後は名前が書いてある紙(めくり?)を持って帰られてました。
あの達筆は商売道具だったのですね。

しばらくの間は落語会を上演されたお店の近くを通った時に、メガネのひょろっとした若者を見かけると「竹わさんっっ!!??」と振り返ってしまいました。
********************
【桂 竹わ】プロフィール
桂竹丸門下(2014年入門)・前座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です