【美術館】フェルメールとレンブラント

「フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展」
森アーツセンターギャラリー
2016.01.14 – 03.31
20160326フェルメール
行ってきました。
安易ですが、フェルメールのファンなのです。

好きな理由として「光」です。
光が表現されているものに惹かれるらしく、フェルメールはまさにど真ん中です。

ポスターにもあるように
光のフェルメール。闇のレンブラント。
レンブラントも印象的だと思っていたら「闇」だからですね。
闇があるから光が際立つと。
あらやだ、ぜひともこの目で確かめなくちゃ、となりました。

森アーツセンターギャラリーは六本木ヒルズ森タワー52階にあります。
六本木ヒルズだなんてドキドキします。

まずは初来日の「水差しを持つ女」へ直行です。
フェルメールらしい小さな作品(45.7×40.6 cm)です。
見に来た目的とも言える、光のグラデーションを堪能します。
頭巾から透ける光が後光のように美しかったです。

そしてもう一つの目玉、こちらも日本初公開のレンブラント「ベローナ」へ。
こちらは大きい(127.0×97.5 cm)作品です。
「水差しを持つ女」と同じ油彩であるのに、フェルメールは透明感で「ベローナ」は重厚感。
今回の開催はフェルメールは1作品しか展示されないからどうしようかなと思ったりもしたのですが、このフェルメールの光のグラデーションとレンブラントの暗がりから浮かび上がる金属の質感が味わえたので来てよかったです。
(フェルメールは1作品でしたが、他にも見応えのある60作品ありました)

表題作を見て落ち着いてから、改めて他の作品を鑑賞します。
副題にも17世紀オランダ黄金時代とあるように、フェルメールやレンブラントと同時代の作品です。
教会建築内部が描かれたものはオランダで発達したそうですが、建物の中でこその遠近法をじっくり見てしまいました。

自分の好みにどんぴしゃな展覧会でした。

【本】フェルメールへの招待/朝日新聞出版社編

フェルメールへの招待
朝日新聞出版社/編者


現存する37作品(現在行方不明の「合奏」含む)を、一部は原寸大にして解説している本です。
とても分かりやすく説明されていて、鑑賞を楽しむポイントも押さえられているので初心者にお勧めの入門書です。

全作品の大きさを一覧で比べて見られたりもするのもおもしろいです。
フェルメールは小品の名手と言われていて、有名な「レースを編む女」なんて1リットルの牛乳パックの高さくらいしかありません。
逆に「デルフトの眺望」は大きい方だったのかと知りました。
大きさを比較しているページはなぜかじっくり見てしまいました。

美術の解説本は今までも読んだことはありますが、画像をふんだんに使っての説明なので頭にすっと入ります。

「なるほどフェルメール」と称して9つの豆知識もページの隅に載っています。
ちゃんと関係のある豆知識なので楽しく読めます。
私はゴッホの「星降る夜」という作品も好きなのですが、ゴッホもフェルメールの影響を受けたとされているのですね。

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890) 「星降る夜」1888年 油彩/カンヴァス
フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)
「星降る夜」1888年
油彩/カンヴァス

しみじみと、私は光を表現した作品が好きなんだと分かる解説でした。
敷居が高くないので、他にも興味が持てました。
(小学生のような感想ですが、美術検定3級を持ってるんですよ…)