【映画】シン・ゴジラを日本語字幕版極上爆音で観てきました。

先に結論を言うと、日本語字幕はセリフがよく理解できてとてもよかったです。
極上爆音上映も、ゴジラの暴れん坊っぷりが身体に響きました。

シン・ゴジラの評判を聞いて、普通の映画館で観たらハマってしまいました。
さらにまた観たくなって2回目では「あ、こう言ってたんだ」ということがたびたびありました。
早口なセリフですが、全て聞き取れなくても話のスジは理解できます。
でも、新たに「何て言ってたんだろう?」と気になるところが出てきてしまいました。

シナリオを読んでみたくなったので調べてみたら公式記録集(2016年9月発売予定)に台本が付録につくようです。
いろいろ設定とか見たい……
でも10,584円(税込)ですか。
悩むわぁ。

すると立川シネマシティで日本語字幕版が上映されていました。
日本語字幕とは、主に聴覚障がいがあるかたのために邦画でも日本語の字幕がつく映画のことです。
期間は短いですが、上映作品が増えてきています。
シン・ゴジラのように専門用語が早口で飛び交う映画にはとてもよさそうです。
しかも極上爆音上映です。
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」や「ガールズ&パンツァー劇場版」で体験したぐごごごごごごごごがまた味わえます。

実は爆音にはそれほど期待はしていませんでした。
シン・ゴジラは会議のシーンも多いし、それほど爆音が活きるシーンもガルパンなどに比べて少なかったように思います。
日本語字幕が目当てでしたが、実際は身体に響く爆音のゴジラの咆哮はとても迫力がありました。
それまでは前半のゴジラの方が得体が知れなくて怖かったのに、爆音上映では後半のゴジラの方が威力が倍増されて怖かったです。
極上爆音上映さん、あなどってすみませんでした。

日本語字幕上映では気になっていたセリフもしっかり理解できて大満足です。
でも「あ、こういう字を書くんだ」なんて思っていると字幕に置いていかれます。
公式HPでも「能の情報処理能力への挑戦」となっているのでかなりの量になります。

全然、本編に触れていませんでした。
シン・ゴジラはリアリティがあるので細かいところにニヤニヤできます。
そして設定がちゃんとしているので空想も広がります。
ポスターにもある「現実対虚構」が端的な表現です。

私の一番お気に入りは農林水産大臣役の平泉成さんです。
Twitterでは環境省の尾頭ヒロミ役の市川実日子さんが人気のようで、彼女も好きなのですが平泉成さんがじわじわと愛おしくなります。
最後の登場シーンはぐっときますし、これからのご苦労がしのばれるのがまたいいのです。

この方のブログが、私がお気に入りのシーンを雑感でほぼほぼ網羅されていて「そうそうそうそうそう!」と机を叩きそうになりました。
From The Inside
『シン・ゴジラ』、現実対虚構、そして泉修一保守第一党政調副会長の良さについて
http://minesweeper96.hatenablog.com/entry/2016/07/31/115550

これだけのめり込んでいるので公式記録集を買ってしまいそうな気もします。

【映画】極上爆音上映でガルパンを観てきました。

ネットで「ガルパンはいいぞ」と話題になっているのが分かりました。

画像参照:http://cinemacity.co.jp/wp/ccnews/garupan_gokubaku/ CINEMA CITYニュース
画像参照:http://cinemacity.co.jp/wp/ccnews/garupan_gokubaku/
CINEMA CITYニュース

東京都立川市の「シネマシティ」で極上爆音上映で「ガールズ&パンツァー劇場版」を観てきました。
マッドマックス/怒りのデス・ロードも極上爆音で観ましたが、ズゴゴゴという重低音は爆音がおすすめです。
砲撃の音が身体に響きます。
ただ音が大きいのではなく、ズシンとくるのです。
音響調整されているそうなので、DVDなどで観るのとはひと味違った迫力です。

実はアニメのガルパン本編は未見でした。
でも上映の前に3分ほど解説があるのでよく分かります。
予習として公式HPのあらすじを読んでおいたのですが、登場人物が多くて初心者でも大丈夫かと心配でしたがOKでした。
個性豊かなキャラがたくさん登場しますが、スッと入ってきます。

お話は競技としての、戦車での戦いです。
華道や茶道のように、女性のたしなみとして戦車道があるお話です。
いわゆる萌え絵ですが、違和感はありません。
これって登場人物を少年少女の混成にしても十分おもしろいと思います。
(戦車道、としてのガルパンの世界観が損なわれてしまいますかね)

そして競技なのでさわやかです。
どうしても攻撃モノってケガをしたり亡くなったりしますが、これはスポーツの一種です。
ラグビー日本代表がW杯で躍進して、改めてラグビーのルールを覚えた感じと同じです。
今まで知らなかったスポーツを観戦してきました、と言えます。

ガルパンの極上爆音上映の土日は終日満席です。
こんなに土日が連日満席なのは見たことないかもしれません。
終演後、お客さんが「2回目だけどまだ足りない」と言っていたのが分かる気がします。
私もまた、かわいいのに大迫力を味わいたいです。

追記)
当初は初心者が知った風な口をきくのはどうかと思って控えたのですが、逆にまったく触れないのもかえって失礼かなと気になり出しました。
この映画は、初心者でも「戦車の描写がすごい」と感じます。
おそらく、もともと好きな人は画面に釘付けなのではないでしょうか。
他にも「あれ?」と芸の細かい設定があるらしいです。
お客さんの「2回目だけど足りない」は観るたびに画面のハシに発見があるからだと思います。

【映画】マッドマックス 怒りのデス・ロード/極上爆音上映

マッドマックス 怒りのデス・ロード
極上爆音上映

あまりに楽しくて、劇場で2回も観てしまいました。

1979年に公開された「マッドマックス」のシリーズ4作目にあたるそうです。
前作の3作目からは30年ぶりの新作です。
1作目と2作目は観たことあるのですが、どちらも地上波視聴でした。
Twitterで評判がいいので、まるっきりのノーマークでしたが観てみることにしました。
しかも幸いなことに「極上爆音上映」をやっている映画館がそう遠くないところにありました。

「極上爆音上映」とは専門家が調整をし、作品にふさわしい大音量で上映されるものです。
高性能(カタカナ)なものをを新規導入し、重低音をたっぷり増量して爆発音や轟音などは音波が身体に響くほどの「体感」が味わえるそうです。
ただ単に音が大きいだけではない、クリアな台詞と音楽を両立させるのが「極上爆音上映」です。

あらやだ、面白そう。
せっかく劇場で観るのですから劇場ならではのものが観たいです。

今作のマッドマックスは大半というか、ほぼ、車で疾走です。
大型車が何台も連なって砂地を走りぬけるエンジン音が続きます。
爆音なので身体に響きます。
身体に響くって知っていたけれど、あまりに響くので半笑いです。
耳がおかしくなったらどうしようかと心配していたのですが、さすが高性能(カタカナ)を新規導入されただけあって、上映後も耳に違和感はありませんでした。

1回目に観た後は、あまりの疾走感の爽快さに笑ってしまいました。
「あー、楽しかった」
本当に、すっきりとしました。
人気があるのをつくづく実感いたしました。

その後、せっかく爆音上映は劇場ならではなので、もう1回観ておくことにしました。
2回目でも爆音は身体に響きます。
あまり語るようなストーリー性ではないと思っていたのですが、2度目ともなると少しグッときます。

ウォーボーイズのニュークスと女の子のカパーブルが視線を交わします。
女の子が振り返ると、種を大事にしていた勇敢なおばあちゃまが微笑んでいます。
マックスとフュリオサが群衆の中、視線を交わします。

「(あああぁぁぁぁぁぁ)」爆音が身体に響いていても、心は震えます。
劇場で観てよかったです。

平日に見たのですが、こんなに映画館が混むのをみたのは初めてかもしれません。
2回目は女性も比較的多かったように思います。
みなさん噂を聞きつけてきたのでしょうか。
レイトショー割引対象外でもこの人気です。

斜陽といわれる映画業界も、こういう技術で盛り返してくるのでしょうか?
楽しみです。