【本】歴史の愉しみ方/磯田道史著

歴史の愉しみ方
忍者・合戦・幕末史に学ぶ
磯田道史/著
中公新書



歴史について理論的に書いてあるので、あまり歴史に詳しくなくても、そもそも大量な知識が必要なことが苦手な人にも愉しく読めます。

現代に活かせる「歴史通」になりたいあなたへ。
と、カバーの折り返し部分に書いてありました。
「歴史通」になるには私の土台が皆無なので本を1冊読んだくらいでは無理ですが、現代に活かせることが書いてあります。

本書はどこかの学術論文や書籍にあったことではなく、磯田道史氏がみつけて解読した古文書の内容を中心に書かれています。
その古文書の入手方法も図書館や古本屋さん、古い民家からなので自分でも調べられたかもしれないと思えるほど身近な史実です。

私は学校の勉強の歴史が苦手です。
中学までは印象がないのでいたって普通だったのだと思いますが、高校になってからは日本史選択をしなかったのと世界史の勉強方法をピンポイント暗記一辺倒で間違えたのとでスッポリ常識が抜けています。
たまに大人になってからあまりの常識知らずで恥ずかしくなります。
偶然に観た大河ドラマで「歴史上有名なこの人とこの人は同じ時代の人で、知り合いだったのね」と感心するレベルです。
そんな私でしたがTVで、さかなクンと対談していた磯田道史氏がおもしろくて著書にも興味をもったので
天災から日本史を読みなおす/磯田道史著
を、読んでみました。
そして「天災から日本史を読みなおす」と本書の「歴史の愉しみ方」の両方から磯田道史氏の文体が好きなのだと気づきました。
私に合う、というか歴史の土台が無くても頭にスッと入ってきます。
「歴史の愉しみ方」もひとつひとつのエピソードが短くまとまっていてテンポ良く読めます。

歴史にうとい私なので、忍者に関しては都市伝説的に話が膨らんだものだと思っていました。
本書では忍者の履歴書(奉公書/ほうこうがき)について触れています。
そんなものが残っているのですね。
そして伊賀や甲賀の忍者の給与や業務内容の変遷、労災についても古文書から割り出しています。
すごい、忍者が身近にリアルに感じます!
歴史の勉強は膨大な資料をただただ読むのだとばかり思っていましたが、点と点をつないで線にする作業でした。
その「点」も理論的に拾われています。

そこで「天災から日本史を読みなおす」という著書も理論に基づいているとさらに納得できます。
本書でも「震災の歴史に学ぶ」という章があります。
歴史を学ぶ上で、理論的に震災について学ぶことはとても大切だと改めて考えさせられました。

【本】天災から日本史を読みなおす/磯田道史著

天災から日本史を読みなおす
先人に学ぶ防災
磯田道史/著
中公新書


これは「人間を主人公として書かれた防災史の書物」であるそうです。
映画化もされた「武士の家計簿」の磯田道史氏が作者です。

以前もこのブログに書いた
【TV】SWITCHインタビュー 達人達 「さかなクン×磯田道史」
での対談で、初めて磯田氏の名前とお顔が一致しました。
その中で「震災後に、ライフワークとした」とされる震災史に興味があったので読んでみました。

対談でさかなクンのことを「無償の遊戯性がお話していて楽しい」と表現されたように、この本もどこか無償の遊戯性が盛り込まれているのか、興味深く、ぐんぐん読み進められます。

実は私、高校で日本史を選択しなかったので普通の常識レベルも日本史は怪しいのです。
それだからなのか、それともあまり知られていないのか、本書では秀吉と家康の覇権争いに地震の影響がとてもあったとされています。

天下分け目に地震が影響したのは有名なのでしょうか?
知らなかったですし、天災の恐ろしさをひしひしと感じました。

さらに本書は富士山の噴火や台風、津波などについてもつづられています。
「知らなかった」
を超越する、
「みんな知っておいた方が絶対にいいよ」
という、まさに先人に学ぶ防災です。
割と控えめな表現で原発の立地についても言及されていて「学ぶ」の重要さに緊張しました。

本当に文体も分かりやすいので、今後も磯田氏の著書を読みたいと思います。

読み終わってから知ったのですが、本書は第63回日本エッセイスト・クラブ賞を受けられているそうです。
そうか、内容が壮大だったのでドキュメンタリーっぽく思ってましたがエッセイのジャンルでしたか!
苦手な歴史だったので、身構えてました。

【TV】SWITCHインタビュー 達人達 「さかなクン×磯田道史」

SWITCHインタビュー 達人達
Eテレ 毎週土曜日22時放送
「さかなクン×磯田道史」2015年7月25日放送

毎週、異なるフィールドで活躍する二人の著名人の対談番組です。
でも普通にインタビュアーがいて語り合うのではなく、前半と後半でインタビュアーをお互いに「スイッチ」してそれぞれの分野を語ります。
1つの分野で活躍している人が、別の分野で活躍している人に新たな視点で質問するのでとても興味深いです。

さかなクンは絶滅種とされていたクニマスの再発見をされ、東京海洋大学の客員准教授です。
磯田道史さんは歴史学者で「武士の家計簿」(新潮新書)の著者でもあります。
磯田氏はお名前は存じていましたが、お顔と名前が一致したのは今回が初めてでした。

画像参照:http://www4.nhk.or.jp/switch-int/x/2015-07-25/31/19500/2037086/
画像参照:http://www4.nhk.or.jp/switch-int/x/2015-07-25/31/19500/2037086/

お二人の会話はとても面白かったです。
番組が「自由研究スペシャル!」と銘打つだけあって、生物学的、歴史学的な会話がポンポン交わされます。
磯田氏がさかなクンに対して「自分と遠くないにおいを感じてる」と評したように、分野は違えどマニアックに突き進んだお二人はとても似ています。
魚オタクvs歴史オタクの激突。

前半はさかなクンが自分の専門分野の魚について案内します。
水族館で日本固有種ユウゼンの模様を見た磯田氏は「どうやって遺伝子で決まってるんだろうな」「人工繁殖もここで考えていく訳ですか?」と質問します。
頭のいい人がインタビュアーだとグングンと話に惹かれるコメントをします。

画像参照:同じ
画像参照:同じ

また、二人の共通点はマニアックで、食べていける分野とは思えなかったもので著名になっているところです。
お二人は得意分野以外の成績が悪かったそうですが、親御さんは好きにさせてくれたそうです。
好きにさせてもらえなかったら今のお二人は無かったことでしょう。
磯田氏も前方後円墳に関する計算をしたいから算数を頑張ったし、縄文土器に関して陶芸の本を読みたいから漢字を覚えたそうです。
必要があれば勉強はするのです。

お二人の会話で一番印象深かったのは、磯田氏がさかなクンと話していて何が楽しいかというと、
無償の遊戯性
なのだそうです。
労力かけて研究して成果が得られなかったらどうしようとか考えないところだそうです。
さかなクンも自己満足だけではなく、感動を共有しようと考えると仕事につながったり、食べていけるようになったりしていくとおっしゃっていました。
突出した才能ってこういうものなのかと思いました。

また、磯田氏は東日本大震災の翌年に今までの大学を辞めて浜松の大学に移られたそうです。
次なるライフワークに据えたのは震災史だそうです。
「歴史学は生きている」と、東海地震の危険に備えるため災害に関する古文書を研究し始めています。
私は格言で「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といものにピンときていませんでした。
通信手段などの発達は遙かに違うのに、歴史に学ぶといっても参考程度なのではないかと思っていました。
でも磯田氏の古文書などのお話から「歴史学は生きている」がすっと腑に落ちました。

画像参照:同じ
画像参照:同じ

後半は磯田氏が自分の専門分野について案内します。
魚譜を一緒に見ながら歴史学者と生物学者が意見交換する様を見られるのは非常に贅沢でした。
お話が上手な専門家同士の会話は本当に貴重でした。

私もすっかり磯田氏の話術のファンになってしまいました。
女優の杏さんや俳優の堺雅人さんなど歴史好きの芸能人も集う“磯田会”なるものが存在するらしいので羨ましいことしきりです。

これからは、磯田道史さんに注目していきたいと思います。