【本】太宰治の辞書/北村薫著

太宰治の辞書
北村薫/著
新潮社


「円紫さんと私」というミステリーのシリーズをよく読んでいました。
ミステリーといっても殺人事件の起こらない作風で、とても好きな作家さんです。
このシリーズの5作目の後はもう続編は書かないとされて17年が経ちました。
それが、なんと続編の「太宰治の辞書」が刊行されたので読んでみました。

このシリーズは発売のリアルタイムでは読んでおらず、長時間通勤になってから読みました。
ですから青春の思い出ではないはずなのに、主人公が大学生だったので甘酸っぱい記憶がシリーズにはあります。
本書も当時から20年以上経っている設定で、主人公は社会人になって結婚してお子さんもいるようでした。
懐かしい文体に「そうそう、これこれ」となりながらも、大人になってしまった主人公に「そうだよねぇ」となります。
勝手にノスタルジーです。

復刻本や全集、芥川龍之介や太宰治をモチーフに話は進んでいきます。
ビブリア古書堂の事件手帖とはまた違った、日常生活を軸に本からミステリーが紡がれます。
ミステリー、とは大袈裟な感じもする日常の「紡ぎ」です。

収録されている前の二作には相棒の円紫さんは登場しません。
二作目の「女生徒」で友達の正ちゃんとの会話もとても良かったのですが、表題の三作目「太宰治の辞書」での円紫さんとの会話は「そうそうそう!これこれこれ!」と久しぶりに良質のものに出会ったように高揚しました。
無駄のない、濃いけれどもさっぱりしているのです。

このシリーズは、作者の北村薫さんの読書量が反映されています。
もっと丁寧に読書をしよう、読書には読み返す楽しみもある、と思い出させてもらえます。

【本】読まずにはいられない /北村薫著

読まずにはいられない
北村薫/著
新潮社



北村薫さんのエッセイです。
デビュー当時は覆面作家として性別さえも不明の方でした。
豊富な読書量が作風から感じられます。
「円紫さんと私」というシリーズを、殺人事件が発生しないミステリーで好んでよく読んでいました。

そんな作家さんが書いた本にまつわるエッセイなので読んでみました。
いろいろな雑誌などに寄稿したものを集めたものです。
「東西ミステリーベスト100」では[あらすじ]と[うんちく]が書かれています。
うんちくが面白くて、読んでみようという気にさせます。
エラリイ・クイーンは作風が大きく変貌したそうで、乱読では得られないうんちくです。

また別に解説も書かれています。
[核心に触れた箇所があります。ご注意ください]
となっていたりするほど鋭く切り込んでいます。
批評と同じ、解説も読んだ後に読むもの前提なのですね。

基本的に内外の本について書かれているのですが、ご自分の著作についても触れられています。
主に書かれたころのエピソードなのですが、背景が知れて面白いです。
1作で2度おいしい読み物でした。

最後の方は本に絡めながらも日常生活のエッセイで、ご本人の人となりがあらわれいます。
とても久しぶりに思い出しましたが、文体がとても好きな作家さんです。
見習いたいものです。