【マンガ】バーナード嬢曰く。2 /施川ユウキ著

バーナード嬢曰く。2
施川ユウキ/著
一迅社
REX COMICS



漫画です。
本屋さんを巡回パトロール中に発見しました。
いわゆるジャケ買いです。

表紙で女の子が
「村上春樹をどーいうスタンスで読んだらいいか
正解がわかったよ!!」
と、振り返りざまに言っていたのです。
見た瞬間に、
「教えてー!!!」
と思いました。

村上春樹氏は発売日の深夜に並ぶほど支持してはおりませんが、
斜に構えて批判するほど駄作とも思っておりません。
かといって読んでいることを人に知られるのも照れます。
そう、ずっとスタンスが定まっていなかったのです。

裏表紙では表紙の女の子の友人と思しき少女が
「他人からどう見られるかとか意識して読書すんな!!」
と叫んでいました。
ハッとしました。
もう、まさに私のことではないですか。

すぐ読みたい!と思ったのですが、いかんせん2巻です。
1巻を探しましたが、発売から2年も経っているので街の本屋さんにはありません。
ネットで注文もいいのですが、本屋さん頑張れ運動を開催中なのでなるべく本屋さんで買いたいのです。
と、いうかすぐ読みたい。
もう、2巻からでいいです。
手に取った感じは1話完結っぽいので、途中からでも大丈夫そうですし。
あるまじき行為、2巻から購入決定です!

バーナード嬢というあだ名の女子高生が、友人たちと繰り広げる本についての会話の漫画です。
主人公がどこか自分です。
読書に対する考え方が、ミーハーで見栄っ張りなところがズッキュンズッキュンと心当たりがあります。

そして彼女を取り囲む、読書好きの友人たちもどこか自分です。
高校生とは思えぬほどに豊富な読書量の割に不器用な友人。
本について語る口調と実生活とのアンバランス。
かつての自分を見るようです。

爽やかながらも名作を読んだと思ったようにさせた、ように思わせる漫画です。