【本】歴史の愉しみ方/磯田道史著

歴史の愉しみ方
忍者・合戦・幕末史に学ぶ
磯田道史/著
中公新書



歴史について理論的に書いてあるので、あまり歴史に詳しくなくても、そもそも大量な知識が必要なことが苦手な人にも愉しく読めます。

現代に活かせる「歴史通」になりたいあなたへ。
と、カバーの折り返し部分に書いてありました。
「歴史通」になるには私の土台が皆無なので本を1冊読んだくらいでは無理ですが、現代に活かせることが書いてあります。

本書はどこかの学術論文や書籍にあったことではなく、磯田道史氏がみつけて解読した古文書の内容を中心に書かれています。
その古文書の入手方法も図書館や古本屋さん、古い民家からなので自分でも調べられたかもしれないと思えるほど身近な史実です。

私は学校の勉強の歴史が苦手です。
中学までは印象がないのでいたって普通だったのだと思いますが、高校になってからは日本史選択をしなかったのと世界史の勉強方法をピンポイント暗記一辺倒で間違えたのとでスッポリ常識が抜けています。
たまに大人になってからあまりの常識知らずで恥ずかしくなります。
偶然に観た大河ドラマで「歴史上有名なこの人とこの人は同じ時代の人で、知り合いだったのね」と感心するレベルです。
そんな私でしたがTVで、さかなクンと対談していた磯田道史氏がおもしろくて著書にも興味をもったので
天災から日本史を読みなおす/磯田道史著
を、読んでみました。
そして「天災から日本史を読みなおす」と本書の「歴史の愉しみ方」の両方から磯田道史氏の文体が好きなのだと気づきました。
私に合う、というか歴史の土台が無くても頭にスッと入ってきます。
「歴史の愉しみ方」もひとつひとつのエピソードが短くまとまっていてテンポ良く読めます。

歴史にうとい私なので、忍者に関しては都市伝説的に話が膨らんだものだと思っていました。
本書では忍者の履歴書(奉公書/ほうこうがき)について触れています。
そんなものが残っているのですね。
そして伊賀や甲賀の忍者の給与や業務内容の変遷、労災についても古文書から割り出しています。
すごい、忍者が身近にリアルに感じます!
歴史の勉強は膨大な資料をただただ読むのだとばかり思っていましたが、点と点をつないで線にする作業でした。
その「点」も理論的に拾われています。

そこで「天災から日本史を読みなおす」という著書も理論に基づいているとさらに納得できます。
本書でも「震災の歴史に学ぶ」という章があります。
歴史を学ぶ上で、理論的に震災について学ぶことはとても大切だと改めて考えさせられました。

【本】絵でわかる感染症withもやしもん

絵でわかる感染症withもやしもん
岩田健太郎/著
石川雅之/絵
講談社



日常生活を健やかに送る上で、知っておいたほうがよいことが書かれています。
思っていたよりは字は多めです。
でも、一度きちんと感染症について触れておきたいと思っていた人には入りやすい入門書です。
マンガ「もやしもん」の作者、石川雅之さんの挿絵もおもしろくて、より理解しやすくなっています。

感染症の全体像→抗菌薬→症候→微生物→他、院内感染や予防接種など
という流れになっています。
かみくだかれた文章で、順序だてて進みます。
おう、わかりやすい。

著者も臨床的に重要なことから学んでいくのがよい、という考え方なので身近な症状や微生物が挙げられています。
聞いたことはあるけれども知らなかった、ということに興味深く読みすすめられます。

そして余談ですが、微生物の学名がイタリック体で表記されているので教科書でみた遠い記憶がよみがえります。
さらに句読点が「 、。」ではなく「 , . 」が使われているところに理系の人が書いたんだなぁとジワジワきます。

イラストもおもしろく描かれていますが、文章もちょいちょいギャグがおりこまれています。
でも、私は興味のある分野なので楽しく読めますが「絵でわかる」となっている以上、ちょっと全体的に堅いのではないかと心配になります。
でもまあ「本を読もう」と手にとった人が読むのだから、いらん心配ですね。
読めばおもしろいけれども、読みはじめるのに少し意志が必要かもしれません。
重い腰を上げたら転がるように読めますよ。

【本】1998年の宇多田ヒカル/宇野維正 著

1998年の宇多田ヒカル
宇野維正/著
新潮新書



2016年春からの朝のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌を宇多田ヒカルさんが担当することになりました。
2010年から活動休止されていたので、発表時はちょっとしたニュースになりました。
話題になっていたからか、本書も本屋さんで目に留まるところに置かれていました。

1998年にデビューされたのは鮮烈に覚えています。
そのシーズンのスキー場ではデビュー曲の「Automatic」が繰り返しかかっていました。
あまりにかかり過ぎて「しつこいっちゅーねん!」と思ったものです。
リフトに乗りながら「こんなに才能のある人が、才能を発揮する環境に恵まれてよかったなぁ」と、謎の上から目線なことを考えたのも覚えています。

1冊まるまるデビュー当時の宇多田ヒカル(以下敬称略)について書かれているのかと思ったら、椎名林檎、aiko、浜崎あゆみについても章だててあります。
この4名は1998年にデビューされていたのですね。
時代背景とともに1998年の宇多田ヒカルと、同じ年にデビューした歌姫たちについて書かれています。
「特別な年」とされていますが音楽シーンの潮目が変わっていく年として描かれています。
その潮流を当時を思い出しながら読みすすめます。

aikoも「もっとも天才かもしれない」とされています。
私のイメージではaikoは歌のうまい普通の女の子が恋の歌を作っている、でした。
とんでもなく吸引力があり、異常なまでにクオリティーがある、となっています。
音痴ぎみの私は全然わかりませんでした。

失速してしまった印象しかなかった浜崎あゆみも、本書ではトリビュートアルバム「宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-」に参加していることにふれられています。
「Movin’ on without you」をカバーして、賞賛をうけているそうです。
高音まで気持ちよく突き抜けているそうなので、音楽好きにほめられる歌声を聴いてみたくなりました。
「なんとなくCDを買っていた」人たちの私が久々に腰を上げます。

本書を読んで、aikoと浜崎あゆみをせまい角度からのイメージでしか見ていなかったことに気づきました。
インターネットでは莫大な情報量におぼれがちですが、読書ではこういった小さな出会いもあるのでやめられません。

【本】短歌のレシピ/俵万智著

短歌のレシピ
俵万智/著
新潮新書



「伝えたい思いを料理の素材とするならば、それをどんな調理法で出すのが一番おいしいのか」本書はそのレシピ集です。
これが本書の説明につきると思います。

いろいろ短歌の手ほどきの本を読みましたが、高校の国語の先生をなさっていただけあって本書はわかりやすいです。
レシピ、と言うだけあって筋道がはっきりしています。

例として出された投稿作品の連作数首は、伝えたい意味はわかるけれど心に響いてこないものでした。
でもその数首の作品で上の句と下の句をシャッフルしたらハッとする印象的な一首になりました。
「荒療治を試してみよう」という章だったのですが、まさに知らない調理法を教えてもらったようでした。

趣味のものを楽しく作るのもいいけれど、たまに第一線の方の解説を読んでみるとぐっと視野が広がる気がします。

同じく投稿短歌を添削指導して、先達の作品を鑑賞する「読む技術」を追求している

考える短歌 作る手ほどき、読む技術
俵万智/著
新潮新著

も読んでみたいです。

【本】スタイリストの鉄則/梅原ひさ江著

スタイリストの鉄則
この人が語るからルールになる
梅原ひさ江/著
講談社


スタイリストの指南書ですが明確に道すじがある職業以外の、とっかかりが難しい職業を目指している人は、共通するものがあります。
普遍の自分を磨く姿勢が学べます。
起業の心構えにもなりそうな1冊です。

女優さんかモデルさんの美容エッセイを探していたら、同じコーナーにファッション関連のものもありました。
スタイリストさんのエッセイも何冊か読んだことがありますが、この本はコーディネートよりも仕事内容に重点を置いて書かれています。

スタイリストはセンスでやっていく職業だと思っていたら、意外と細やかな気配りが必要です。
ファッションが好きじゃないと、ファッションと冷静に付き合えないと、ファッションを俯瞰で見られないとできない仕事です。

そしてスタイリストとして独立するのも難しいのですね。
いや、自称なので私も明日からなることは可能です。
自分だったらどうするかなと考えることは、いろいろな職業に当てはめられそうでした。

「スタイリストに必要な感性は、歌舞伎のように完成された舞台を見ることで、どんどん磨かれていきます。」と著者。
盲点でした。
完成されたものから磨かれる、とは。
型を覚える、ですよね。
この言葉は知ってはいたけれども意味は実感していなかった気がします。

梅原ひさ江さんの他の著作を読んでみたくて検索してみましたが、この1冊だけのようです。
本業ではありませんが、またぜひ出版してください。

【本】アイドル社長/川崎希著

アイドル社長
「AKB48」卒業翌日に40万円で起業しました。
川崎希/著
徳間書店


夫がタレントのアレクサンダーさんで、社長業をなさっています。
ダメ男を売りにしているアレクサンダーさんを夫に持ちながらもニコニコして、本業では敏腕そうでした。
AKB48からのどういった転身だったのか興味があったので読んでみました。

文体は元アイドルっぽく明るいのですが、要所要所できちんと頑張ってきたことがうかがえます。
アパレルブランドの立ち上げも最初はファンが購入していたかもしれませんが、それだけではここまで続かなかったと思います。
(AKBのファンをなめてますかね?AKBブランドは想像以上に絶大なのですかね?)

起業に興味があったと言うだけあって、取捨選択がとても上手です。
それについて誰かを手本にするわけでもなくやっているのなら、やはり才能があります。
そしてここぞという時の集中力がすごいです。
彼女の成功はこの2点だと思います。

出版が東日本大震災の前月なので、それ以降の心境とかビジネスに対する姿勢の変化も機会があったら知りたいです。
夫のアレクサンダーさんとのことについての1冊も、アイドル社長の出版から4年後のことなので、こちらも読んでみたいです。

のんちゃんのダメ男の愛し方
浮気性・嘘つき・ヒモ男! まるっと許しちゃう
川崎希/著
宝島社

画像参照:http://tkj.jp/book/?cd=02364701
画像参照:http://tkj.jp/book/?cd=02364701

【本】天災から日本史を読みなおす/磯田道史著

天災から日本史を読みなおす
先人に学ぶ防災
磯田道史/著
中公新書


これは「人間を主人公として書かれた防災史の書物」であるそうです。
映画化もされた「武士の家計簿」の磯田道史氏が作者です。

以前もこのブログに書いた
【TV】SWITCHインタビュー 達人達 「さかなクン×磯田道史」
での対談で、初めて磯田氏の名前とお顔が一致しました。
その中で「震災後に、ライフワークとした」とされる震災史に興味があったので読んでみました。

対談でさかなクンのことを「無償の遊戯性がお話していて楽しい」と表現されたように、この本もどこか無償の遊戯性が盛り込まれているのか、興味深く、ぐんぐん読み進められます。

実は私、高校で日本史を選択しなかったので普通の常識レベルも日本史は怪しいのです。
それだからなのか、それともあまり知られていないのか、本書では秀吉と家康の覇権争いに地震の影響がとてもあったとされています。

天下分け目に地震が影響したのは有名なのでしょうか?
知らなかったですし、天災の恐ろしさをひしひしと感じました。

さらに本書は富士山の噴火や台風、津波などについてもつづられています。
「知らなかった」
を超越する、
「みんな知っておいた方が絶対にいいよ」
という、まさに先人に学ぶ防災です。
割と控えめな表現で原発の立地についても言及されていて「学ぶ」の重要さに緊張しました。

本当に文体も分かりやすいので、今後も磯田氏の著書を読みたいと思います。

読み終わってから知ったのですが、本書は第63回日本エッセイスト・クラブ賞を受けられているそうです。
そうか、内容が壮大だったのでドキュメンタリーっぽく思ってましたがエッセイのジャンルでしたか!
苦手な歴史だったので、身構えてました。

【本】90分でわかる!ビジネスマンのための「世界の宗教」超入門/井上順孝編著

要点解説 90分でわかる!
ビジネスマンのための「世界の宗教」超入門

井上順孝/編著
東洋経済新報社


以前、留学帰りの人が「宗教についての考え方は、日本にいては絶対に分からない感覚」みたいなことを言っていたのが心のどこかにありました。
確かに、宗教によって争いが起こったりするのは事実としては分かるけれども、理解しているのかと言うと違うのだろうと漠然と考えていました。

政治と宗教についてはあまり公共の場所で、大きな声で話すのはなんとなくタブーということをなんとなく教えられてきた気がします。
それが正しいのかは、いまだに答えは出ていません。

本書は、表題に「90分でわかる!」や「ビジネスマンのための」となっているだけあって、本当に基礎的なことから分かりやすい章立てになっています。

日本社会の中の宗教についての説明は、自分の中での宗教を明文化されたようでした。
年中行事、人生儀礼、生業儀礼(五穀豊穣みたいな)、先祖供養、個人的祈願
節操がない感じですが、すごく根付いている感覚です。

また、世界の宗教でも偏見を持たれるようになってしまった流れを説明されていて、それについて知ることができて良かったです。

いろいろな宗教の戒律などの説明は、真摯なのですがどこかさらりとしています。旅行ガイド本の「地球の歩き方」の旅の準備についてのページを読んでいるようでした。
文化について書いてあるのですが、これから旅行にでもいくかのように楽しめました。

本書を読んで、やはり宗教については知った風な口をきいてはいけないけれども、「文化」として知り続けていく必要があると認識しました。

【本】太宰治の辞書/北村薫著

太宰治の辞書
北村薫/著
新潮社


「円紫さんと私」というミステリーのシリーズをよく読んでいました。
ミステリーといっても殺人事件の起こらない作風で、とても好きな作家さんです。
このシリーズの5作目の後はもう続編は書かないとされて17年が経ちました。
それが、なんと続編の「太宰治の辞書」が刊行されたので読んでみました。

このシリーズは発売のリアルタイムでは読んでおらず、長時間通勤になってから読みました。
ですから青春の思い出ではないはずなのに、主人公が大学生だったので甘酸っぱい記憶がシリーズにはあります。
本書も当時から20年以上経っている設定で、主人公は社会人になって結婚してお子さんもいるようでした。
懐かしい文体に「そうそう、これこれ」となりながらも、大人になってしまった主人公に「そうだよねぇ」となります。
勝手にノスタルジーです。

復刻本や全集、芥川龍之介や太宰治をモチーフに話は進んでいきます。
ビブリア古書堂の事件手帖とはまた違った、日常生活を軸に本からミステリーが紡がれます。
ミステリー、とは大袈裟な感じもする日常の「紡ぎ」です。

収録されている前の二作には相棒の円紫さんは登場しません。
二作目の「女生徒」で友達の正ちゃんとの会話もとても良かったのですが、表題の三作目「太宰治の辞書」での円紫さんとの会話は「そうそうそう!これこれこれ!」と久しぶりに良質のものに出会ったように高揚しました。
無駄のない、濃いけれどもさっぱりしているのです。

このシリーズは、作者の北村薫さんの読書量が反映されています。
もっと丁寧に読書をしよう、読書には読み返す楽しみもある、と思い出させてもらえます。

【本】財政学をつかむ/畑農鋭矢他著

財政学をつかむ[新版]
畑農鋭矢・林正義・吉田浩/著
有斐閣


ひとまとまりを8ページくらいにした、ユニットで構成されています。
つかむシリーズの一環で、大学の講義を想定しているそうです。だからなのか「勉強してる~」と思えます。
「つかむ」と題されているだけあって、理解に重点を置かれているので入門書のようです。

図書館に行った時に新着コーナーで目に留まりました。
なのでまるっきりのノーマークな出会いで、パラパラと読んでみて「これは読みやすいかも」とちゃんと読むことにしました。
いくつかの章を3人で分担して書かれています。
専門分野を詳細に分けている本を読むのは久しぶりのような気がして少し新鮮でした。

自分もファイナンシャルプランナーの勉強をしているので、そちらの方面についてなじみがある、ということを差し引いても他の経済系の本よりも読み進められました。
読んでも読んでも頭に入らない、ということは無かったです。

さらに他の経済の本ではフォントとか段組が地味過ぎて頭に入ってこないことがありますが、これは視覚的にも計算されているのか目で理解できます。
そうです、教科書みたいなんです。

さらにユニットの終わりに確認問題があるので本当にテキストのようです。
基礎を勉強したいと思っている人にはいいのではないでしょうか。

このシリーズは他にもマーケティングについて書かれたものがあったりするので、いつかそちらも読んでみたいです。